書式まとめ@Wiki 代位による所有権保存登記(2)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

登記請求権保全のため代位して行う所有権保存登記



登記の目的 所有権保存
所 有 者(被代位者)A
代 位 者     B
代位原因 年月日設定契約による抵当権設定登記請求権
添付情報 住所証明情報
     代位原因証明情報
     資格証明情報
     代理権限情報
登録免許税 不動産価格の1000分の2
年月日法74条1項1号申請

  • ABともに、自ら登記名義人となるわけではないので、登記が完了しても登記識別情報は通知されない。
  • 申請人である代位者Bには、登記完了証が交付される。被代位者Aには登記が完了した旨の通知がされる。
  • 「仮登記を命ずる処分」が代位原因になるわけではない。
  • 代位による申請では代位原因を証する情報が必要。
  • 申請人が法人であれば、代表者の資格証明情報が必要。
  • 代理人によって申請するときは当該代理人の代理権限情報が必要。
  • 登録免許税は、租税特別措置法の適用を考慮しなければ、1000分の4。

コメント

名前:
コメント: