※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吸着


吸着は2008年度の二年生が取り組んでいるテーマである。酢酸に活性炭をいれ、しばらくした後の酢酸の濃度を調べることから始まった。濃度を調べるには中和滴定をを用いるため、一年生を含め中和滴定の能力が向上した。

結果

濃度を上げる→吸着率が上がる
吸着時間を増やす→吸着率が上がる
が共に偽であることが判明した。
吸着等温線なるものをとってみるとある程度比例したが、その傾きが何を
表すのかはまだわかっていない。

論文は佳作だったらしい。

-