ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・ハリケンジャーショー 2003/2/2感想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忍風戦隊ハリケンジャーショー「素顔の戦士 後楽園ゆうえんち最後の戦い!!」

開催期間:2003年2月1日~3月9日
観覧日:2003年2月2日・11:00(1回目)、13:30(3回目)、15:10(4回目)の部
公演回数:4回(11:00、12:15、13:30、15:10)
場所:後楽園ゆうえんち・スカイシアター

<主な出演者>
椎名鷹介/ハリケンレッド 塩谷 瞬
野乃七海/ハリケンブルー 長澤奈央
尾藤吼太/ハリケンイエロー 山本康平
霞 一甲/カブトライジャー 白川裕二郎
霞 一鍬/クワガライジャー 姜 暢雄

烈火(ダブルキャスト) 岡元次郎/横山一敏

<烈火役・ダブルキャスト日程>
2/1~23、3/9:岡元次郎
3/1、2、8:横山一敏


ショーの入場整理券をとるため、8時30分前に なんとかゆうえんちのほうへ到着しました。
今日オンエアの50話は、予約録画してきました。
内容は非常に気になりますが……。

去年の素顔の戦士公演並みに、すごい行列だろうなあと覚悟を決めて中へ入ってみると…
あれ? 去年より少ない… 並んでいる人の列。
3回目以降の列へ行って、階段の中ほどが最後尾でした。
かなり意外でした。

去年と同様、8:30に1回目のショーの整理券が配布され、
その間 私たちには、割り込み防止用の整理券の引換券が配布されました。
そのとき、たまたま前に並んでいた女性の方と話をして、
整理券の待ち時間を費やしました。

9:30になる前に、その方が「1回目のショーの整理券がどうなっているか見てきます」といって、下へ行き 券を2枚とってきてくれたんです。
まだ席が余っていたんでしょうね。
「天気がどうなるかわからないし、見ておいた方がいいと思いますよ」と言ってくださったので、1回目の11:00のショーの整理券を受け取りました。

そして、9:30。
2回目以降の整理券の配布が始まりました。
女性の方が「私は2回見ますけど、どうしますか?」とたずねてきました。
私ももともと2回見るつもりでいたので、その旨を話しました。

「そうしたら、3回目と4回目の券を2枚ずつもらって 交換しましょう」と言ってくださいました。

そういうわけで、女性の方が 3回目の13:30の整理券を2枚、私が4回目の15:10の整理券を2枚、係りの方から受け取って 交換しました。
1回目の11:00のショーの整理券はAブロックでしたが、3回目と4回目は 108番と94番という番号でした。
数字番号の券が取れたのは初めてです。

そしてゆうえんちの入場券と、ハリケンジャーショーの専用入場券を購入しに、チケット売り場のほうへ行きました。
当初の予定では、3回目と4回目の公演を見て終わりにするつもりでしたが、せっかく11:00の回の整理券を頂いたので、専用入場券を3枚購入して 1回目も見ることにしました。

10時過ぎ。
スカイフラワー付近のAブロックへ行って 入場を待ちました。
足の感覚がなくなってしまうほど 寒かったですが、スカイシアターの中へ入って、ハリケンジャーの主題歌、挿入歌を聞いていたら、寒さも吹き飛んでしまいました。

11:00になり、ショーが始まりました。
最初の場面は、フラビージョとタイラーが言い争っている場面からです。
「タイラー、私たちを裏切る気!?」
「ふん! おまえ達にはもう、利用価値がなくなった!!」といって、フラビージョに攻撃をするタイラー。

「タウ・ザントさまー!!」
と悲鳴をあげながら、奈落へ落ちていくフラビージョ。
タウ・ザントが怒りをあらわにし、攻撃を仕掛けますが、逆にキラーに倒されてしまいます。
「タウ・ザントを倒したぞ!!」と言って、タウ・ザントの魂を取り込むキラー。

キラー、タイラーとマゲラッパたちが襲撃に出ようとしたとき、「待ちやがれ!!」と声が響いて 鷹介たちが登場します。

今回は、5人全員 客席の通路を通っての登場でした。
「許さないぞ、ジャカンジャ!!」と叫んで 戦闘開始です。
今回は去年と違って、一人一人アクションをしていくので、すごく見やすかったです。 
白川さんと姜さんは、客席の階段を駆け上がってアクションをしていて、目を見張ってしまいました。
私は座席的に姜さんに近い席だったので、 間近でアクションを見ることが出来ました。
白川さんと姜さんが舞台上へ戻り、再び5人でのアクションになります。

塩谷くんたちのアクションもすごくカッコよかったですが、白川さんの回し蹴り&高台からのジャンプ、姜さんの、敵を倒したあとに、高台から奈落へのジャンプは最高にカッコよかったです。
このあとにシュリケンジャーが応援に駆けつけ、5人はシノビチェンジして アクターさんといれかわります。

去年同様、変身後の声は別の方が担当されていて、メチャクチャ違和感がありました。
七海、吼太、一甲、シュリケンジャーの声は、声の雰囲気が演じているご本人とも合っていてよかったんですが、鷹介と一鍬の声がかけ離れてしまって、声を聞くたびに首をひねってしまいました。

今回の鷹介と一鍬の声は、去年と逆になっていたため、よけいになじめなかったです。
去年、一鍬の声を担当された方が鷹介の声を、鷹介の声を担当された方が一鍬の声を担当されていました。

どうして、素顔の5人の皆さんが変身後の声を担当できないのでしょうか。
スーツアクターさんとの動きがずれてしまったりしたら、大変、という点もあるのでしょうが、違和感が出るよりは全然ましなので、5人の皆さんに声をあててほしいです。

変身後の名乗りは、去年と違って、「人も知らず、世も知らず、影となりて 悪を討つ!忍風戦隊 ハリケンジャ―!! あ、参上!!」となっていました。
去年は、3人それぞれに名乗りをあげたあとすぐに、「忍風戦隊 ハリケンジャ―!! あ、参上!!」といっていました。
ゴウライジャーも、去年はなかった、「影に向かいて影を斬り、光に向かいて光を斬る」のセリフが追加されていました。

キラーたちと戦う5人。
キラーは、「おまえ達の相手はこいつだ!!」と言って、一人の男を連れてきます。
男は面をかぶっているので顔は全くわかりません。

この場面でのアクションがものすごくキレがあったので、プロの役者さんを使っているんだなあと思いました。
スーツアクターの方でしょうか…?

しかし、その男のポーズを見て、一甲と一鍬はあることに気づきます。
「このポーズは…」
「まさか…!!」
一甲と一鍬は男がつけている面をはずします。
その素顔を見て、愕然とする兄弟。
「おまえは!」
「烈火!!」

この烈火を演じている方が誰だかわからなかったのですが、他サイトのレポートで、岡元次郎さんだということがわかりました。

烈火の容赦ない攻撃に、6人は撤退します。
キラーは、「あいつらは、二度とハリケンジャ―にはなれん! これからじっくりいたぶってやる」といって、姿を消します。

次の場面は、烈火の攻撃によるダメージで、変身が解けてしまった5人の場面です。

シュリケンジャーが鷹介を支え、吼太が七海を支え、一甲が一鍬を支えて登場します。
この登場場面を見たときに、40話「オトリと忍の掟」を思い出してしまいました。

烈火の圧倒的な強さにおされてしまったのか、七海が「怖いよ…! メチャクチャ…」と言います。
「弱音を吐いてどうするんだよ!! もう一度行くぞ!!」と、鷹介は言って、シノビチェンジしようとしますが、シノビチェンジが出来ません。
「シノビチェンジできない…」と、茫然とする鷹介たち。

突然、一鍬が「うわあ――っ!!」と絶叫します。
「一鍬?」
「…烈火が…烈火が生きていた…」
「烈火って、迅雷流なのか?」と聞く吼太。
「悪いが、俺達は別行動をとらせてもらう」という一甲。
「ちょっと待てよ、今 俺達がばらばらになったら… わけを話してくれよ」と、鷹介が言います。

一鍬は鷹介たちに、烈火は 霞 一鬼の部下で、自分達が「あんちゃん」と慕う人物だったこと、流派のない垣根のない世の中にすると、忍者の流派をひとつにする夢を持っていた人だと説明します。

「俺は烈火のあんちゃんが好きだった…」
「一鍬、しゃべりすぎだ!」と、叱る一甲。
「これは俺達の問題だ」

立ち去ろうとする一甲と一鍬に、「俺達がばらばらになっちゃいけないんだ!!」と、鷹介が説得しますが、2人は聞き入れず、そのまま立ち去ります。

2人のあとを追おうとした鷹介たちの前に、剣を手にした烈火が現れます。
鷹介たちは烈火と戦いますが、逆に烈火の攻撃を受けて倒れてしまいます。

そこへ、イカヅチ丸を手にした一甲と一鍬が現れます。
「目を覚ませ!!」
「烈火あんちゃん、俺達を忘れたのか? 一甲と一鍬だよ」
一甲、一鍬、烈火との戦いになります。

烈火にきりかかろうとする一甲に、一鍬が 「やめてくれ、兄者! 俺はどっちのあんちゃんも好きなんだ。だからやめてくれ!!」と、止めます。

一甲が邪魔をするなというふうに、イカヅチ丸を手に持ったままの状態で一鍬を殴ってふきとばします。

この場面、イカヅチ丸を持ったままの状態で白川さんが姜さんを殴る演技をしているので、イカヅチ丸の先が姜さんの顔に当たらないかちょっと心配でした。
殴るときだけでも、イカヅチ丸を置いて演技できないのかなあと思いましたが、すぐ後に立ち回りがあるので、仕方ないんでしょうね。

「一鍬!俺だってあんちゃんを思う気持ちはお前と同じだ。だがあの目を見ろ。 完全に誰かに操られている。もう、あんちゃんじゃない! あんちゃんを救うため、この俺がこの手であんちゃんを斬る!!」
烈火と対峙する一甲。

この場面の白川さんと、烈火を演じている岡元さんの立ち回りがすばらしかったです。
岡元さんのアクションを生で見るのは、これが初めてです。
ものすごい迫力でした。
岡元さんを相手に立ち回れる白川さんも、すごいなあと思いました。

烈火が振りかざした剣によって、一甲は傷つき、倒れてしまいます。
「兄者!!」と叫んで、そばに駆け寄る一鍬。

一甲が傷を負ったことで、一鍬は 「俺も忍び。 目の前に立ちはだかる敵を斬るのみ!!」と、立ち上がります。
一甲と一鍬の2人で、烈火と戦います。
しかし、烈火にはかないません。

そこへ、鷹介たちが制止に入ります。

「やめろ! お前たちは今、烈火とともに死のうとしている! そんなことをして烈火が喜ぶと思うのか!? 俺はお前たちが愛し、尊敬した烈火にはとてもかなわない。だが、俺はお前たちが好きになってしまった!俺はお前たちが好きなんだ!! 死なせるわけにはいかない!! 烈火も同じことを言ったはずだ!」

「鷹介、七海、吼太、おまえたちは死ぬな。この星を守れ!」
一甲と一鍬は、烈火と相討ちしようとします。

白川さんの「この星を守れ」という言葉を聞いたときに、
50話の予告が頭の中にフラッシュバックしてしまいました。
このセリフは1回目だけのアドリブだったようです。
後の回では、「この星を頼む」といっていました。
おそらく、こっちが本来のセリフなのではないかと思います。

烈火が一鍬に向かって、剣を振り下ろします。
その剣から一鍬をかばった一甲は、左肩のあたりに傷を負います。
肩を抑え、膝をつく一甲。

烈火が一甲にとどめをさそうとした隙をついて、一鍬がイカヅチ丸で 烈火の背中を突きます。
「……一甲、一鍬… どうしておまえ達がここに…?」
「あんちゃん…」
一瞬 正気に戻った烈火でしたが、キラーの魂縛りに操られそうになり、持っていた剣で 自分の胸を刺します。

倒れた烈火を支える一甲と一鍬。

「一甲、一鍬!怒りと嘆きの力など、この程度だ。仲間をかばい、大切なモノを守ろうとする気持ちには到底かなわない。人を思いやり、慈しむ。そう、愛こそが全てを生み出すのだ!信頼も平和も、そして新しい命も! 親父の…一鬼のことを許せ、二人とも。親がいなければお前達もいない。親を思う気持ちがなければ、迅雷も、疾風も、愛も生まれないのだ。流派超越。究極のパワーを生むのは怒りではない。愛だ。愛を貫く心だ!愛の為に戦え!人は、愛する者の為に戦うんだ!俺は、お前達の心の中に永遠に生き続ける……」

そう言い残して、奈落落ちする烈火。

「あんちゃ―――ん!!」と絶叫する一鍬。
一甲は悔しそうに セットの扉のあたりを握りこぶしでたたきます。

姜さんの絶叫は2箇所ありますが、
烈火を失ったときのこの絶叫はすごく胸を締め付けられました。
マイクを使っているとはいえ、けっこう大きな声で叫ぶので、
のどが心配です。 からさないようにケアしてほしいと思います。

「烈火は悔いなく死んだんだ」
「最後に大好きな一甲と一鍬に会えて、あんなに幸せそうに…」
「烈火、おまえは最後まで誇り高く勇気ある忍者だった」
この部分の鷹介たちのセリフには違和感を覚えました。
人の死を肯定しているような気がします…。

「キラー、おまえだけは絶対許さん!!」
キラーたちに挑む5人ですが、シノビチェンジできないままなので、手も足も出ません。
そこへシュリケンジャーとハムスター館長が。

シュリケンジャーの持つ光の玉、館長の持つ自然の生命力の集まった玉、そして 会場のみんなの夢と希望のパワーを得て、
5人は再びシノビチェンジします。

キラーには、ビクトリーガジェットすら通用しません。
館長が 「流派超越じゃ!究極のパワーは愛じゃ!愛のために戦え! しかしパワーを使いすぎると死ぬぞ、怖いか?」と、アドバイスをします。
「怖い。 だが戦う心をひとつに… 一心同体!!」

このあと、鷹介たちの声が流れてきますが、ここの声は吹き替えの方ではなく、塩谷くんたちご本人の声でした。
「愛する人々を、そして、この星、故郷を守れ。パワーは愛から生まれる!!  流派超越! 忍者統一!!」
この部分で、6人が剣をあわせて、横一列に並んでいるのがカッコよかったです。

全員の力で、キラーにダメージを与えることが出来ました。
しかし、「俺は死なん。 死ぬなら、おまえ達も道連れだ!!」
とキラーは言います。
そのキラーにシュリケンジャーが組み付きます。
「俺はこのときのために生きてきた。疾風流を抜け、宇宙統一忍者流のシュリケンジャーになった、その日から!」
キラーとともに、爆発するシュリケンジャー。

変身をといた5人は、元の姿に戻れたという館長から、「無傷の勝利などない。 大事なのはこれからだ。生き残ったおまえ達がどう生きるかだ」と言われます。
七海「夢と希望をもって」
一鍬「怒らず、嘆かず」
一甲「思いやり、慈しみ、愛する気持ちを大事に」
吼太「毎日を一生懸命」
鷹介「生きる!!」
「よく言った。おまえ達。 宇宙統一忍者流、免許皆伝じゃ!!」
「やったー!!」と喜ぶ3人。
「これからだな、兄者」
「ああ」
お互いの肩を叩き合って、笑顔を見せる一甲と一鍬。
最後は、鷹介の「これからも頑張っていこうぜ!!」
というセリフで締めくくられました。

今回は、時間の都合もあるのか、
公演後の5人の皆さんのトークはありませんでした。
ちょっとさびしかったです。



<3回目・13:30&4回目・15:10の感想>

<主な出演者>
椎名鷹介/ハリケンレッド 塩谷 瞬
野乃七海/ハリケンブルー 長澤奈央
尾藤吼太/ハリケンイエロー 山本康平
霞 一甲/カブトライジャー 白川裕二郎
霞 一鍬/クワガライジャー 姜 暢雄

烈火 岡元次郎


3回目のショーの入場待ちをしているとき、スカイシアターの裏から 2回目のショーを見ることが出来ました。

運良く 出番待ちの霞兄弟を見ることが出来て うれしかったです。

姜さんは手を振ってくれましたし、白川さんは、「恋は戦い!」にちなんでか ボクシングしていました。
そして、3回目の入場時間になり、スカイシアター内へ入場しました。

ショーのほうは 1回目のときと、少し演技が違っていました。
ジャカンジャたちと戦う素顔のアクション場面で、白川さんがバク転でジャカンジャの攻撃をかわしていて、とてもカッコよかったです。
これは、4回目もやっていました。

そして、敵を倒したあとに、「成敗!!」という白川さんがものすごくカッコよかったです。

烈火のことを説明する一鍬のセリフ部分、姜さんが途中で セリフを噛んでしまっていました。

烈火が息を引き取る場面。
3回目は1回目と全く同じ演技でしたが、4回目のときの白川さんの演技がかわっていました。

1回目と3回目は悔しそうに、握りこぶしでセットの扉のあたりをたたく、という演技でしたが、4回目は 悔しそうに背中を向けて立つ、という演技になっていました。

後の流れは1回目と同じでシュリケンジャーが死んで ラスト、という展開でした。

4回目のショーの最後に、特別ゲストの方が舞台上に登場されました。
岸 祐二さんと増島 愛浩さんのお2人です。

岸さんと増島さんは「忍風戦隊ハリケンジャー」で
シュリケンジャーの変装の役をやっていらっしゃいました。

このときに、お2人が「天空、シノビチェンジ」をやってくださったんです。
最後に いいものを見た感じがしました。

去年の素顔の戦士公演よりも、回数が多く見ることが出来て うれしかったです。