ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・ゲキレンジャーショー 2007/7/21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獣拳戦隊ゲキレンジャーショー第3弾「俺、参上! 友情の電激気パワー炸裂!!」


ショー開催期間:2007年7月14日~9月9日
夏休み毎日公演:7月25日~9月2日
観覧日:2007年7月21日・12:00&15:00の部
公演回数:2回(12:00、15:00)
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演キャラクター>

ゲキレッド

ゲキイエロー

ゲキブルー

マスター・シャーフー

仮面ライダー電王ソードフォーム(モモタロスの声:岡本美登)

仮面ライダー電王ロッドフォーム

仮面ライダーゼロノス


理央(声:岡本美登)
メレ

ほか


<感想>

ショー仲間の豪龍神さんと一緒に見てきました。

スカイシアターに着いたのは、私のほうが早かったです。

当初は2回目の15:00のみ観覧の予定でしたが、天気が心配だったので、急遽 1回目も見ることにしました。

ギリギリだったので、整理券をもらうことはできませんでしたが(2回目は無事、ゲットしました)、入場券のみで 中へ入ることができました。


ショー内容は、理央たちがイマジン(ショーのオリジナルキャラ)と手を組んだという内容でした。

このイマジンが、ボウケンジャーのジャリュウとリュウオーンを合体させたようなデザイン(色は赤です)で、ボウケンジャーを思い出してしまいました(笑)。

そのイマジンに対抗すべく、電王ソードフォームやゼロノス(ショー後半からの登場)が登場。 ジャンたちと力を合わせて戦うという流れになっていました。

電王ソードフォームの時のモモタロスの声は、理央の声を担当されている岡本美登(よしのり)さんが演じられていました。
理央の声との使い分けが本当にすばらしかったです。

桃太郎作戦で、敵に対抗する電王(良太郎)とジャンたちですが、イマジンや理央たちの攻撃におされ気味。

危うし…となったところへ、ゼロノスが駆けつけます。

「最初に言っておく。俺は、かーなーり強い!」という決め台詞もありました。

吹き替えの声の方が少し大人っぽい感じで、声に違和感がありました。
中村くんの声の雰囲気に近い人を起用してほしかったなあと思いました。

名乗り後、理央やイマジンたちとのラストバトル。

戦闘場面で、ゲキレンジャーのオープニング「獣拳戦隊ゲキレンジャー」と仮面ライダー電王のオープニング「Climax Jump」を聞くことができてうれしかったです。

この場面で、苦戦する良太郎に侑斗が「野上、助けてやるぜ!」と言いながら、敵に切りかかるシーンが印象に残っています。
なんだかんだ言いながらも、共闘しているなあと思いました。

また、電王はソードフォームからロッドフォーム(ウラタロスの変身形態)へ変化して、戦う場面もありました。

ロッドフォーム、アックスフォーム、ガンフォームと日替わり日程になっているので、これも楽しみのひとつになりそうです。


最後はイマジンをそれそれの必殺技で倒して、大円団でした。


2回目の15:00公演は、豪龍神さんと一緒に見ました。

若干 アドリブがあり、面白かったです。