ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・アバレンジャーショー 2003/12/14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

爆竜戦隊アバレンジャーショー「地球最大のピンチ! アバレマックス登場!!」素顔の戦士公演


観覧日:2003年12月14日・15:00(5回目・最終公演)の部
公演回数:5回公演(10:00、11:15、12:30、13:45、15:00)
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演者>

伯亜凌駕/アバレッド 西 興一朗

三条幸人/アバレブルー 富田 翔

樹 らんる/アバレイエロー いとうあいこ

アスカ/アバレブラック 阿部 薫

仲代壬琴(みこと)/アバレキラー 田中幸太朗


<ショーのオリジナルキャラ>

ヒカル 宮村優子

ビルダー

シャドウ 岡本美登(よしのり)

メド―サ 野川瑞穂

アルファ

ベータ


<感想>

昼食を済ませてから向かったので着いたのは遅かったんですが、最終回・15:00公演の券を取ることができました。

スカイシアターの中へ入って驚いたのは、お客さんが少なかったことです。

客席は結構埋まっていましたが、全体的に見ると少ないほうでした。

取った整理券は後ろのブロックでしたが、前のほうの席で見ることができました。

素顔の戦士公演・最終日にもかかわらず、追加公演が出ない異例の千秋楽となりました。

前のハリケンジャーショー・素顔公演のときは追加公演がある日が多く、ショーを6回やることが何度もありました。

そのぶん、キャストの皆さんの負担も大きかったと思います。

また、整理券を取るのにも朝8時30分ごろから並んで、ショーを見るのに1日がかりでしたが、今回はお昼過ぎから行っても整理券が取れるので、人気の差を思い知らされました。

ショーは今日が最終日ということもあって、皆さんの気合のこもった演技を見ることができました。

阿部くんはアクションの前に、「皆さん、本日の最終公演に来ていただいて、ありがとうございます」とあいさつをしてから、いつものアクションをしていました。

ほかにも、アドリブがバンバン出て、今日で最後なんだなあと実感しました。

特に面白かったのがラスト場面と最後のトーク。

いつもは凌駕たちにいやみを言って、去っていく壬琴ですが、今日はアドリブがありました。

凌駕に「生きることはゲームなんかじゃない!!」といわれ、いつもなら「ゲームだよ」とクールに答えるところを、ものすごくさわやかに「そうだよなあ。確かに生きることはゲームじゃない。…って違うだろ!!」と答えていました。

客席は爆笑の渦に包まれました。

素の田中くんが垣間見れたような気がしました。

そして、シャドウ役の岡本さんまでステージ上に登場し、「また会おう」といって 去っていきました。

最後のトークでは、トップゲイラーの声が入り、ビックリしました。

トップゲイラー「聞こえるか人間!実は明るいやつっだったゲラ。」

壬琴「ときめくぜ!」

トップゲイラー「昨日は誕生日だったそうだゲラ!」

壬琴「おまえもかトップ」

というやりとりで、客席大爆笑でした。

キャストの皆さんは「最後まで声援ありがとうございました。 来年、また会いましょう」と、コメントされていました。

ショーの内容はすごくシリアスな内容ですが、今日は所々にアドリブもあって、初めて和むことができました。

今まで見てきた回ではアドリブがそんなに多くなく、シリアスを貫いていたんですが、今日は最終日ということもあって特別だったのでしょう。

とても面白かったです。