ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・ゲキレンジャーショー 2007/12/1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

獣拳戦隊ゲキレンジャーショー第4弾「新拳士現る! 奇跡の大集激気!!」素顔の戦士公演


ショー開催期間:2007年9月15日~12月2日
観覧日:2007年12月1日・15:00の部
公演回数:4回(10:30、12:00、13:30、15:00)
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演者及び出演キャラクター>
漢堂 ジャン/ゲキレッド 鈴木裕樹
宇崎 ラン/ゲキイエロー 福井未菜
深見 レツ/ゲキブルー 高木万平
深見 ゴウ/ゲキバイオレット 三浦 力
久津 ケン/ゲキチョッパー 聡太郎

マスター・シャーフー

理央
メレ
マク
マキリカ

ほか


<感想>
大学時代の友達と、初日に続いて 素顔公演を見に行きました。

千秋楽前日だから、もっと混んでいるかと思ったんですが、お客さんが少なめで切なかったです。
今日がこれだけすいているってことは…、明日の千秋楽 この倍のお客さんだったりして…。
明日の混み具合がものすごく心配になってきました(T_T)。

いつも2回目以降は9:30からの整理券配布ですが、今日は時間が少し早まり 9:15からの配布でした。

4回目の整理券をとってビックリ。 なんと! 数字番号の券(約150番台)でした。
素顔公演で数字番号の券が取れるのは異例です。 まずありえません。
たいてい、Aブロック、Bブロック…といったアルファベットの整理券が取れることのほうが多いです。
天気が悪いときなどは、ごくまれに数字番号の券が取れる場合がありますが、天候良好で数字番号の整理券なんて…。
役者さんやスーツアクターの皆さんがお気の毒でした。

1回目のショーをスカイシアター裏から観覧後(悪役のアクターさんのノリがよく、手を振ってくれたり いろいろな小ネタをやってくれました。 面白かったです。 ゴウ役の三浦くんも出番前に手を振ってくれました)、昼食を済ませ、その後 4回目のショーの前までカラオケをやりに行きました。 スカイシアター付近のカラオケボックスへ。

店員さんに案内された部屋はJOYSOUNDの部屋でした。

このカラオケボックス、今まではサイバーダムの機種の部屋が多かったんですが、最近になって機種を変えたんでしょうか?
それか、たまたま部屋がJOYSOUNDの機種の部屋だったという可能性もありますが(苦笑)。

久しぶりに、出合くんの「銀色の風に吹かれて」を歌うことができました。

これ以外にもセーラームーンミュージカルで使われた劇中歌(結構たくさん入っていてビックリしました)や特撮ソング、アニメソングなどを歌いました。

カラオケ後、スカイシアターへ戻り 4回目のショーを観覧しました。
座席も上のほうががら空きで、本当に切なかったです。

司会の方がまた変わっていました。

以前担当されていたお姉さんから、また別のお姉さんになっていました。

ショーでも吹き替えの声の担当に、一部 変更がありました。

4弾初日から今までずっと、理央とゴウの声を担当されていた岡本美登(よしのり)さんがスケジュールの都合か何かでお休みで、別の方が理央とゴウの声を吹き替えていました。

理央の声は第1弾のショーからこれまでずっと、美登さんの声を聞いてきたので 急に声の方が変わると違和感があります。
明日の千秋楽公演では、美登さんの声で理央及びゴウの声が聞けるといいなあと思います。

話は進み、マクが登場して 会場襲撃となったところへ「待て! ゾワゾワ!!」と声が響くんですが、なぜか鈴木くん本人の声でした。

え? なんで役者さんの声? この最初の登場場面は変身後のはずなのに…と考えていると、次の瞬間、ステージ上に登場したのは、ジャン、ラン、レツの素顔の役者さん3人!!

客席から歓声が上がっていました。 もちろん、私も叫びました。

いつから演出が変更されたかはわかりませんが、役者さんの出番が1箇所増えていて とてもうれしかったです。
11/3の素顔公演初日を見たときは、この場面はスーツアクターの皆さんが演じていましたから。

3人のアクションの後、「ビーストオン!!」の掛け声と共に、アクターさんとチェンジ。

ゲキトージャでマクに応戦しますが力及ばず敗退してしまいます。

後の流れはこれまでと同じでした。

変身解除した3人の元へ、マスター・シャーフーそして、ゴウとケンが駆けつけます。

5人それぞれのアクション場面。
この場面で三浦くんが回し蹴りをやっていました。
初日のときはやっていなかったと思います。
カッコよかったですが、軸足がぐらついていたように見え、少しヒヤリとしました。

役者の皆さんはそれぞれの戦士カラーのスニーカーを履いて演技をされていることに、この場面を見ていて、気づきました。
初日から履いていたのかもしれませんが、初日を見たときは全く気づきませんでした(苦笑)。
とても印象的でした。

「響け! 獣の叫び」
「研ぎ澄ませ! 獣の刃」
「たぎれ! 獣の力」
「ビーストオン!!」

再度、アクターさんとチェンジします。
奈落へジャンプする直前に、鈴木くんがバク転をやっていました。
カッコよかったです。

名乗り後、マクたちとのラストバトル。

途中 苦戦を強いられますが 会場の声援で再び立ち上がります。

そして5人全員の必殺技でマクを一掃し、大円団でした。

最後にオープニング&エンディングダンスを役者の皆さんが踊り、ショー本編は終了となりました。

ショー後の5人のトーク。
このときに三浦くんが「決め台詞でもある、『まいったぜ』を一緒にやりましょう」といって、キャストの皆さん、会場のお客さんと一緒に「まいったぜ」をやって 締めとなりました。

その後、鈴木くんの挨拶があって 公演終了となりました。


帰り際にスタッフさんに明日の整理券の配布時間を聞いたところ「1回目が8:00、2回目が8:15、3回目以降が8:45からの配布になります。 混雑状況等で(時間が)変わる場合もあります」とのことでした。

去年のボウケンジャー素顔公演のときは、もう少し配布時間が早かった気がしましたが(特に1回目)、配布時間を変えたんだなあと思いました。

今日の客入りがあまりよくなかったので、明日の千秋楽公演の混み具合が心配です。