ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・ゴーオンジャーショー 2008/7/26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

炎神戦隊ゴーオンジャーショー第3弾「天空の戦士! ゴーオンウィングス登場!!」


ショー開催期間:7月19日~9月28日までの土・日・祝日公演
夏休み毎日公演:7月26日~8月31日

観覧日:2008年7月26日・15:00の部
公演回数:2回(12:00、15:00)
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演キャラクター>
ゴーオンレッド
ゴーオンブルー
ゴーオンイエロー
ゴーオングリーン
ゴーオンブラック/キャリゲーター/カガミバンキ(声:岡本美登)
ゴーオンゴールド
ゴーオンシルバー

ケガレシア

ほか


<感想>
スカイシアターへゴーオンジャーショー3弾「天空の戦士! ゴーオンウィングス登場!!」を見に行ってきました。

整理券は165番という数字番号の券でした。 前のほうで見られる、とうれしかったです。
入場券を購入後、スカイシアターへ向かいました。

入場時に暑さ対策ということもあってか、うちわが配られました。
お客さんへの配慮がありがたかったです。

そのうちわに、次の第4弾のショー日程が記載されていました。

4弾の公演では役者さんの出演期間は限定されますが、恒例となる素顔公演があります。

一昨年のショーから、役者さんの出演期間が6日間のみと少なくなってしまいした。
一昨年より前は2週間おきくらいの出演だったのに…。役者さんの都合などもあるんでしょうね。

今回はどうなんだろうと思い、うちわに記載されている出演予定日を見たら…
11/2、3、23、24、12/7、14。
また6日間のみ…(T_T)。 秋の素顔公演はもうこれが定番になってしまったんでしょうかね。 以前のように出演日を増やしてほしいです。

15:00になり、ショーが始まりました。

ガイアークが会場を襲い、駆けつける走輔たち5人。

ウガッツたちとの戦いの最中、突然カガミバンキが巨大化します。

軍平の指示で、エンジンオーG6で立ち向かう5人。

巨大化したカガミバンキを一気に倒します。

「出てきたばっかりなのに…」とアドリブ台詞を言う岡本美登(よしのり)さんがナイスでした。

カガミバンキを倒した直後、5人の前にオクノテバンキという新しい蛮機獣が現れます。

このオクノテバンキが結構手ごわく、5人は苦戦を強いられます。

そこへ、ゴーオンウィングスの2人・ゴーオンゴールド(須塔大翔(ひろと))、ゴーオンシルバー(須塔美羽)が登場。

「ブレイク限界! ゴーオンゴールド!!」
「キラキラ世界! ゴーオンシルバー!!」
「テイクオフ! ゴーオンウィングス!!」

ゴーオンウィングスのテーマ曲である「テイクオフ ゴーオンウィングス」をバックに戦闘。

ゴーオンゴールド、ゴーオンシルバーのスーツアクターさんのアクションがすばらしかったです。

特に、ゴーオンゴールドのアクターさんの演技は、テレビ本編と同じ方が演じているのではないかと思うくらい、演技が上手でした。
大翔のイメージをアクションや演技の中に入れていて 本当にすごかったです。

敵との戦闘中、ステージ上段から奈落へ飛び降りるというアクションがあったんですが、そこでこの方、なんと 回転落ちしながら敵に蹴りのアクションをしていました!!
思わず「すごい!」と口に出して叫んでしまったほどでした。

2人の力で、少しずつオクノテバンキを追いつめていきます。

ところが、オクノテバンキは自分の手の部分の形を変えられるという 特殊な能力を持っていました。
これにより、大翔と美羽にも危機が迫ります。
「逃げろ! 美羽」と、美羽だけでも助けようとする大翔が印象的でした。

そのとき、連たちが大翔と美羽を助けようと 2人の間に入ります。 それによって、逆に捕らえられてしまう連たち。
走輔が叫ぶ中、4人は敵に連れ去られてしまいます。


「おまえらが邪魔しなければ、勝てた」という大翔に「連たちはおまえたちを助けようとしたんだぞ!!」と叫ぶ走輔。

彼は大翔が止めるのも聞かずに、自ら連たちを助けに向かう決意をします。

「苦しんでいる仲間がいたら、それを助けるのがゴーオンジャーだ!!」(←セリフうろ覚えです)と、大翔たちに言い放ち、走輔は敵のアジトへ向かいます。

大翔と美羽は走輔の行動に納得できないようでしたが、ボンパーに諭されて 走輔たちの援護に回ります。

続いて敵の場面。

連たちを助けるため、走輔が単独でやってきます。
しかし、ガイアークたちの攻撃を受け たちうちできません。

「俺たち、もうここまでなのか…?」と、走輔があきらめそうになったそのとき、「あきらめるな!! 立て! ゴーオンジャー!!」と、励ましの声が響きます。

「その声は…!」という走輔。

走輔を励ましたのは、大翔でした。

この場面はゴーオンゴールド、ゴーオンシルバーのアクターさんが2人同時にフライングで登場し、「ロケットブースター・ウィングアタック!!」と叫んで、敵に攻撃をしていました。
お2人のワイヤーアクション、迫力があり カッコよかったです。

大翔と美羽の攻撃により 連たちは救われます。

7人全員での名乗り。
「マッハ全開! ゴーオンレッド!!」
「ズバリ正解! ゴーオンブルー!!」
「スマイル満開! ゴーオンイエロー!!」
「ドキドキ愉快! ゴーオングリーン!!」
「ダッシュ豪快! ゴーオンブラック!!」
「ブレイク限界! ゴーオンゴールド!!」
「キラキラ世界! ゴーオンシルバー!!」
「正義のロードを突き進む!」
「炎神戦隊ゴーオンジャー!!」

7人全員の名乗りは圧巻でした。

名乗り後に発射された、金色のテープがきれいでした。
テープの発射を久しぶりに見ました。

ガイアークたちとのラストバトル。

大翔と美羽が一緒に戦う場面で、「行くぞ。美羽」「OK! アニ」という声かけも見ることができました。

クライマックス場面で、オクノテバンキからビッグリウムエナジーを抜き取り、巨大化不能にする大翔。
「これでもう、巨大化できない」といいます。

テレビ本編でも初登場のときにやっていたので、そのことを思い出しました。

最後は7人の力を合わせた必殺技で、オクノテバンキを倒して大円団でした。


前作の第2弾以上に迫力あるアクションが多く、とても見応えがありました。