ヒーローショー・データベース @ ウィキ

トミカヒーロー レスキューフォースショー 2008/10/11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「トミカヒーロー レスキューフォース」プレミアムショー


ショー開催日:2008年10月11日

観覧日:10月11日・13:00&15:00の部
公演回数:2回(13:00、15:00)
場所:アリオ西新井・1Fイベント広場

<特別ゲスト>
camino

<「レスキューフォース」主題歌ライブ>
「STORY」(テレビ本編・1話~26話まで使用)
「The Life」(テレビ本編・27話~使用中)


<主な出演キャラクター>
R1
R2
R3
R4

シーカ

ほか


<感想>

アリオ西新井へレスキューフォースのショーを見に行きました。

今日は朝から雨が降っていましたが、9:30過ぎに家を出て、アリオ西新井へ向けて出発しました。

前日にサイトを見たところ、雨天中止の文字はなかったので、雨でもショーができる環境にあるんだろうなあと思いました。

アリオ西新井は東京都内にありますが、最寄となる西新井駅は東武伊勢崎線の沿線。
都内とはいえ、少し遠いなぁ…。

北千住駅下車後、東武伊勢崎線に乗り換えて 西新井で下車しました。
伊勢崎線を使ったのは、以前 東武動物公園に行って以来で 本当に久しぶりでした。

アリオ西新井へはお昼前に着きました。早く着きすぎてしまいました(苦笑)。

昼食を済ませ、観覧場所を確保するべく イベント広場へ。
レスキューフォースのポスターがあったので、すぐわかりました。

イベント会場は屋内でした。 天気に関係なく見ることができました。

1回目、2回目共に見ました。

13:00になり、1回目のショーが始まりました。

サイトには、ショー後に主題歌を担当されているアーティストの方の生ライブをやるという記載になっていましたが、デパート側の都合か、主題歌ライブが先で、ショーが後という流れになりました。

レスキューフォースのオープニングを担当されているcamino(カミーノ)さんが登場し、「STORY」、「The Life」の熱唱。

2曲ともフルサイズで聞くことができてうれしかったです。

「The Life」は、先週の放送から新しくオープニングで流れるようになったので、ここで聞けるとは思ってもいませんでした。

また、「STORY」の歌詞がテレビ本編で歌われていたものとは、若干違っていました。
テレビ版の歌詞はオンエア用に新しく作ったものだったんですね。

1回目は1番のみ、テレビ本編の歌詞で歌ってくれたので、なじみやすかったです。
一方 2回目・15:00の回はテレビ本編とは違う歌詞(おそらく、CDに収録されているバージョンではないかと思われます)で、フルサイズ歌ってくれました。

歌詞が違うので、同じ歌なのに新鮮でした。
ただ、テレビ版の歌詞でずっと歌を聞いてきたので、歌詞が違うと調子狂いますね(苦笑)。
新しい歌詞(こっちが通常の歌詞でしょうけど)も覚えなければいけないなあと思いました。

拍手しすぎて、手が痛くなりました(苦笑)。


その後、レスキューフォースのショーが始まりました。

ネオテーラの幹部・シーカと、その手下が会場を襲撃。
そこへ、響助(R2)とレイ(R3)が登場。
輝(ひかる)と寿里は石黒隊長からの命令で、別行動しているということでした。
2人だけでシーカたちと戦います。

スーツアクターの皆さんのアクションが迫力がありました。
特に、R2のアクターさんの回し蹴りがカッコよかったです。

しばらくの間、2人だけで戦いますが、相手は手ごわく苦戦気味。
そのとき、任務を終えた輝(R1)と寿里(R4)が駆けつけます。

4人がそろったことで、ネオテーラ一味は一時 撤退します。

今日のショー内容は、ダーエン(大淵先輩)が出てくる少し前のストーリーのようでした。

石黒隊長も声のみの出演で、R5にはなっていませんでしたから。

隊長の声は吹き替えの方が担当されていました。
威厳があり、隊長らしさが出ていて印象的でした。

もちろん、輝から寿里までの4人の声も吹き替えの方でした。
そんなに違和感を感じることなく、ショーを見ることができました。

この後は、司会のお姉さん、スーツアクターの皆さんと共に 地震や火事などの災害にあったときの対処法を学びました。
この対処の仕方は勉強になりました。
「慌てず、行動しましょう」と言っていましたが、もし大地震がきたら パニックになりそうです(>_<)。

その後、ショーの本編へ戻ります。

石黒隊長から指示を受けて、災害が起きた場所へ向かう輝と寿里。
響助とレイは、引き続き 会場をパトロールします。

そこへ、シーカと手下が登場。
シーカがクライシスメーカーの発動スイッチを押し、アンドロイド(ショーのオリジナルキャラで、ラスボスです。)を登場させます。

このアンドロイドが出てきたときのBGMが、本編でダーエンが登場するときに使用されたBGMでした。
和田圭市さん演じるダーエンが頭の中に浮かんできました(笑)。

響助とレイがアンドロイドと戦いますが、このアンドロイドが強力で 2人は大苦戦。

2人のピンチに、救助活動を終えた輝と寿里が登場。

「ファイナルレスキュー! ウォーターキャノン、発動!!」と、叫ぶ輝。

ビークルは出てこず、音声のみの演出でした。

あれ…? 石黒隊長の承認許可を得ていないような…。
細かいつっこみはなしということでしょうか(笑)。

輝の突然のウォーターキャノンに、思わずよける響助とレイ。
輝の技はアンドロイドに命中します。
彼の技のおかげで、響助とレイは助かります。

4人で力を合わせて、シーカ及びアンドロイドたちに立ち向かいます。

この中で、寿里の「火事場のスーパーパワー!!」というセリフが出てきました。
テレビ本編でも言っていたセリフだったので、ショーで聞くことができてうれしかったです。

最後は4人それぞれのレスキューツールを使った技で、アンドロイドを倒して大円団でした。


ラスト場面。
輝は隊長から早朝訓練を言い渡されます。

「俺の承認なしに、ファイナルレスキューを使用したペナルティだ」という石黒隊長。

やっぱり承認してなかったんですね。

そういえば、テレビ本編でもこんなエピソードがあったなあと思い出しました。
本編は輝だけでなく、響助も一緒だったような気がします。

こうしてショーは終了しました。


ショー後に無料握手会が行われ、こちらにも参加しました。
R1、R2の握手が力強く 印象に残りました。


1回目も2回目も、見るお客さんが多くて 超満員でした。
立ち見の方も多数いて レスキューフォースの人気の凄さを実感しました。


デパートのショーなので、普段 スカイシアターや他の遊園地で見ているショーと比べると若干、劣りますが(苦笑)、アクション満載の迫力あるショーで、とても楽しめました。

テレビ本編では戦闘場面が比較的少ないので、どのような演出・構成になるんだろうと気になっていましたが、戦隊や仮面ライダーのショーと ほとんど変わりありませんでした。
レスキュービークルなどが出てこないので、このような演出になったんでしょう。
アクション場面が多く、大変見応えがありました。

主題歌の生ライブもあって とても充実した1時間でした。
行くことができてうれしかったです。