ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・マジレンジャーショー 2005/8/1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法戦隊マジレンジャーショー第3弾「夢の競演! 最強ユニット結成!!」


ショー開催期間:2005年7月16日~9月25日
夏休み毎日公演:2005年7月21日~8月31日
公演回数:2回(12:00、15:00)
観覧日:2005年8月1日・12:00&15:00の部
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演キャラクター>
マジレッド
マジイエロー
マジブルー
マジピンク
マジグリーン
マジシャイン

ウルザード/仮面ライダー響鬼(声:岡本美登)
仮面ライダー威吹鬼

バンキュリア
マンティコア
ほか


<感想>

就職活動後、スカイシアターへマジレンジャーショーを見に行
きました。
面接が朝の早い時間帯だったため、空き時間が多かったんです

せっかくだから、2回見てしまおうと思いました。

10:30頃に整理券配布所へ。1回目はBブロック。
2回目は1回目のショーの開演30分前からの配布だろうと思い、
スタッフの方に尋ねたところ、「大丈夫です。お配りしていま
すよ」といってくださったので、その場で2回目の15:00から
の整理券ももらいました。
2回目は何と、77番という数字番号の券でした。

今までにもスーツアクター公演を見に来ていますが、アルファ
ベットの整理券が多く、数字番号の券を取れたのは今回が初め
てです。
2回目は結構よい場所で見れるかも、と思いました。

スーツアクター公演は素顔公演と違って、集合は30分前なので
、11:30前頃に集合場所へ移動したら、もう列が動いていて、
ビックリしました。
集合って今からじゃないの?と思い、スカイシアター入り口の
公演時間と集合時間が記載されているボードを見たところ、1
回目の集合時間が40分前となっていました。

いつから素顔公演と同じ時間が集合時間になったんでしょうか

2回目はこれまでどおりで、30分前が集合になっていました。

そのおかげで、思い切り出遅れてしまいました。(T_T)
動き出している列の最後尾に並んで、スカイシアターへ入りま
した。
それでも、右側最前列の席に座ることが出来ました。

ショー内容はこれまでどおりで、ヒカルがバンキュリアに吸血
されて命を落としてしまい、彼がいない中で魁たちがヒビキや
イブキと共に力を合わせて戦うというものでした。

最後まで諦めずに自分の力で戦い抜いた5人の勇気に魔法が応
え、その新しい魔法によってヒカルも復活します。
最後は8人全員で、ウルザードとバンキュリアを一掃して大円
団でした。

スーツアクターの皆さんのアクションはとても迫力がありまし
た。

ショー終了後に、ラクーア4階にあるCDショップで、マジレ
ンジャーのアルバムCD「マジカルサウンドステージ2 ソン
グコレクション」を購入しました。
発売日を過ぎてしまったため、入手が難しいかなあと半分諦め
かけていたので、購入できて 嬉しかったです。

そして、ずっと気になっていたマジシャインのテーマ曲を歌っ
ている方の歌手名と曲のタイトルがわかりました。
曲名は「シャイニング マジック マジシャイン」。
歌い手は、サイキックラバーさんでした(←私の予想通りでし
た)。
やっとわかって、すっきりしました。


2回目は、数字番号の整理券だったので、割と早くに入場でき
ました。

中へ入ると、ステージ中央のファミリー席にかなりの空席があ
りました。
スカイシアター内は自由席ですが、ファミリー席は素顔公演が
始まると、小さいお子さん(小学生未満だったと思います)と、
その保護者の方の優先席になってしまうので、一般の人(大人
のみ)は座れません。

スーツアクター公演のときは、席に座るのには制限なしなので
、ファミリー席に座っても問題ないだろうなあとは思ったんで
すが、どうしても素顔公演のときの心理状態になってしまって
、これまで見に来ていたときも、ファミリー席をよけて座って
いました。

座席の色がきっちり分けられていることもあって、どうしても
よけちゃうんですよね。 素顔公演じゃないのに(笑)。
一般の席は青いシートですが、ファミリー席は赤いシートなの
で。

あと、とった整理券の番号が遅かったりすると、ファミリー席
に座れないときもありますが。
アルファベットの整理券(Bブロックよりも後ろ)だと、結構む
ずかしいです。

そばにいたスタッフさんに「赤い席(=ファミリー席)って、家
族連れの方優先の席ですか?」と聞いてみたところ、「いいえ
。通常の公演ですので、大丈夫ですよ」とのお答えでした。

ファミリー席の前から2列目に座って、ショー開始を待ちまし
た。

マジシャインの登場場面がよく見える席でもありました。
ちょうど、私の席からは真正面だったので。

ショー開始前に流れている、マジレンジャーの主題歌、挿入歌

いつもなら、スモ―キーのテーマ曲まで流れて、それが終わっ
た後にショーが始まるんですが、今回は珍しく、マジシャイン
のテーマ曲「シャイニング マジック マジシャイン」が終わ
ったと同時にショー開始となりました。
こういうこともあるんだなあと思いました。

15:00になり、2回目のショーが始まりました。
スーツアクターの皆さんの迫力満点のアクションと演技で、シ
ョーの世界にどんどん入り込んでいきました。 今まで以上に
見入ってしまいました。

席が違うとこんなにも差が出るんだなあと思いました。 ショ
ーの内容は今までと変わりないのに、すごく新鮮でした。

マジレンジャー5人が夜叉巫女と戦っていて、彼女に動きを封
じられて危うくなったところへ、ヒカルが助けに来る場面。

今までは、普通に「待て!!」と叫んでいたんですが、この回
は、この「待て!!」というセリフにエコーがかかっていまし
た。

この直後、最上段にマジシャインのスーツアクターさんが登場

この際に、客席からものすごい歓声が上がっていてビックリし
ました。
今まで見てきたときは、歓声なんて一度も上がらなかったのに

私が座った場所は、舞台全体(とマジシャイン)がよく見える位
置でもありましたが、今公演は、マジシャインがステージ最上
段に登場することが多いため、金色のスーツが太陽の光に反射
しまくって、ものすごく眩しかったです。
目を開けているのが大変でした。
帰宅してからも、少し目がおかしかったです。

ヒカルがバンキュリアに吸血される場面は、席が近かったこと
もあって、また泣きそうになりました。
ヒカルの声を吹き替えで担当されている方の声の演技と、スー
ツアクターさんの迫真の演技がすばらしかったです。

声の演技ですばらしいといえば、ウルザードと仮面ライダー響
鬼の声を担当されている岡本美登(よしのり)さんもそうですね

正義の戦士と悪役の声をきちんと演じ分けていました。

美登さんの声で、鳥肌が立った場面がひとつあります。
ショー後半部分の、ウルザードのセリフ部分です。
今まで見てきたときもすごい迫力だなあと思いましたが、この
回は今まで以上に気合がこもっていた感じがしました。

ショーの後半部分で、「ヒカル先生があんなことでやられるは
ずがない。きっと助けに来てくれる」という魁たちに対して、
「だったらなぜ来ない? 来ないはずだ。あとかたもなく消滅
したのだからな!!」と言い放つ部分は、本当にものすごい迫
力でした。

その後のクライマックス場面。
魁たちの勇気に魔法が応えてヒカルが復活し、8人全員での戦
闘場面も迫力がありました。

素顔公演になると、座ることが出来ないファミリー席でショー
を見ることが出来てうれしかったです。