ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・マジレンジャーショー 2005/8/7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法戦隊マジレンジャーショー第3弾「夢の競演! 最強ユニット結成!!」


ショー開催期間:2005年7月16日~9月25日
夏休み毎日公演:2005年7月21日~8月31日
公演回数:2回(12:00、15:00)
観覧日:2005年8月7日・15:00の部
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演キャラクター>
マジレッド
マジイエロー
マジブルー
マジピンク
マジグリーン
マジシャイン

ウルザード/仮面ライダー響鬼(声:岡本美登)
仮面ライダー威吹鬼

バンキュリア
マンティコア
ほか


<感想>

Kさんと一緒に見に行きました。
私が家の都合で大幅に遅刻してしまい、東京ドームシティアトラクションズまで猛ダッシュするはめに…

Kさんと待ち合わせて一緒に行くことになっていましたが、彼女の携帯に「家を出るのが遅くなりそうだから、先に行って、整理券をとっておいて」とメールを入れておきました。

約束の時間には必ず待ち合わせ場所にいる、決して遅れないというのが私のスタンスなのに…。Kさん、待たせてしまってごめんね。

マジシャインの登場前までには何とか間に合って!と祈りながら、スカイシアターへ向かいました。
走ったおかげで、疲れましたが、途中から見ることが出来てうれしかったです。
マジシャインの登場までには無事に間に合いましたし。

今日のショーでは、マジシャインの声を吹き替えで担当される方が違っていました。

今までの声の方に比べて、若い感じの声でした。
今までに声を担当されていた方のほうが、天空聖者としての威厳と、5人の魔法の先生というイメージが大変よく出ていたので、今回の声の方は少し違和感がありました。

また、マジシャイン登場時、風の影響でマントがとんでもない方向にいってしまっていて、スーツアクターさんがポーズを取るのに苦労されていましたね。 ちょっと大変そうでした。
テレビ本編でマジシャインのスーツアクターを担当されている岡元次郎さんは、マントさばきが本当にきれいで、みとれています。

このときに、Kさんが「マジシャイン(のスーツアクターさん)、いつもやってる人と違う」と。
え? 声だけじゃなくてスーツアクターさんも?と思い、よく見てみると…。
確かに、少し細身の方でした。今までのときは、わりと体格のがっしりとした方が演じていましたから。

バンキュリアに吸血される場面。
今までに声を担当されていた方は結構苦しむ演技をしていましたが、今回の声の方は「うわあっ!」という一声を発したのみで、そのまま マジシャインのスーツアクターさんが奈落落ちしていきました。

この奈落おちも、今まで見ていたときのスーツアクターさんは、足から奈落へおちていったんですが、今日のスーツアクターさんは頭(背中側)から落下していたような…。 記憶が怪しいです。

今までに声を担当されていた方は、この場面で、すごくリアルなお芝居をされていたので、今回の声の方には もう少しがんばっていただきたいなあと思います。今まではこの場面を見ていて、毎回 胸が締めつけられる思いでした。

ですが、今日のオンエアで見た次回予告のおかげで、この場面を見て 泣いてしまいました。
あんな予告の後に、ショーのこの場面を平常心で見る自信が本当になくて、見に行くのをやめようかとも思ったんですが、Kさんとも約束していたので がんばって見に行きました。
Kさんが横にいたので、この場面を泣かないで見ようと思ったんですが、やはりダメでした。

来週のテレビ本編の展開が非常に気になります。予告を見た感じでは、ヒカルが死んでしまいそうな気がして……。彼が死ぬはずはないだろうと信じていますが、かなり不安です……。

ヒカルを失い、茫然状態の5人の前に夜叉巫女とバケガニの攻撃が迫ります。
それをヒビキとイブキが救い、事なきを得ます。

マンドラ坊やからインフェルシアのたくらみを聞かされて、魁たちは戦いへ赴きます。

ン・マの復活を控えたウルザードたちの前に、魁たちとヒビキ、イブキが駆けつけます。
ヒカルがいない中、7人で名乗り。

この戦闘中に巨大化したマンティコアをマジキングで倒しますが、ウルザードの攻撃「闇の呪い」に苦戦します。

ヒカルが来てくれると信じる魁たちに、ウルザードが「(マジシャインは)あとかたもなく消滅したんだからな!!」と言い放ち、さらに落ち込む5人。

この場面を見ていたKさんが「今のセリフ、すっごく憎たらしいね」と言っていました。私も同意見でした。

ヒビキに大切な人の言葉を思い出すようアドバイスされます。ヒカルが言った言葉を思い出して、立ち上がる5人。
ウルザードの攻撃「闇の呪い」を跳ね返し、力を取り戻します。
ヒビキたちにより、夜叉巫女、バケガニは倒されます。

しかし、魔化魍の力を得て、パワーアップしたバンキュリアが登場します。
またも窮地に追い込まれる5人。

そのとき、5人の勇気に魔法が応えて新たな呪文を手に入れます。この魔法効果によって、ヒカルが復活します。8人でウルザード、バンキュリアを一掃して大円団でした。

ラスト、ヒビキたちを召喚したのがヒカルだったとわかる場面。
芳香に「もしかして…、ヒカル先生が!?」といわれて、今まで声を担当されていた方は「ハハハ ばれちゃったか」と言っていましたが、今日の声の方は咳払いをしてから、「ばれちゃったか。実は敵にやられる直前にヒビキさんたちの世界に召喚魔法を飛ばしたんだ」と言っていました。

このような演技の違いも、面白いなあと思って 見ていました。