ヒーローショー・データベース @ ウィキ

スカイシアター・マジレンジャーショー 2005/8/18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法戦隊マジレンジャーショー第3弾「夢の競演! 最強ユニット結成!!」


ショー開催期間:2005年7月16日~9月25日
夏休み毎日公演:2005年7月21日~8月31日
公演回数:2回(12:00、15:00)
観覧日:2005年8月18日・15:00の部
場所:東京ドームシティ スカイシアター

<主な出演キャラクター>
マジレッド
マジイエロー
マジブルー
マジピンク
マジグリーン
マジシャイン

ウルザード/仮面ライダー響鬼(声:岡本美登)
仮面ライダー威吹鬼

バンキュリア
マンティコア
ほか

<ショー中に使用されている主な曲>
「輝」
「少年よ」
「魔法戦隊マジレンジャー」
「シャイニング マジック マジシャイン」

<感想>

14日放送の24話で、ヒカルにもしものことがあったら……。
私は、現在スカイシアターで行われている、このマジレンジャーショーを見に行くのをやめてしまったと思います。
あまりに辛すぎて、見ることができなかったでしょう。
このショーではヒカルが犠牲になっていますし…。
クライマックスには復活しますが。

しかし、本編がホッとできる終わり方で ものすごく救われました。
12日にショーを見てから6日後の今日、再びスカイシアターへ見に行きました。

今回のショーはマジシャイン登場編ですが、この24話がベース(設定、内容は大幅に異なりますが)になっているような印象を受けました。

就職活動後、11:30過ぎに東京ドームシティアトラクションズへ着きました。
2回目・15:00からのショーは、Aブロック・200番近くの整理券が取れました。

早めにお昼を済ませて、1回目の12:00からのショーをスカイシアター裏から、見ていました(笑)。
ゾビルやハイゾビル、マジピンクなどのスーツアクターさんが手を振ってくれたりしました。

あと、裏で見ていて面白かったのが、出番待ちの間にウルザードとバケガニのスーツアクターさんがじゃんけんをやっていたことです。
ウルザードとバケガニのお2人のスーツアクターさんがじゃんけんをしている現場を見ていたのは、私以外にも何人かいたので、スカイシアター裏は大爆笑になっていました。
本当に面白かったです。

2回目の15:00からのショーは、整理券がAブロックだったこともあって 割とよい席で見ることが出来ました。

ウルザードの声が岡本美登(よしのり)さんでうれしかったです。
久々に美登さんの声を聞いた感じがしました。

蒔人(マジグリーン)の声の方がいつも声を担当されている方とは違っていました。
大人っぽい雰囲気で、長男のイメージが出ていて 大変よかったです。

ヒカル(マジシャイン)は、スーツアクターさんはいつもと同じ方が演じていたようですが、吹き替えの声の方は、8月7日に声を担当された方(声が若い感じの方)でした。
やはり、少し違和感がありました。
声が若いということもあるかもしれませんが、演技力の面でも少し物足りなさを感じます。
今までに声を担当されている方のほうが 演技力は上という感じがします。

特に声の演技の違いが出るのが、ヒカルがバンキュリアに吸血されて、上段から奈落へ落下する場面(消滅する場面)です。
今までの声の方は本当にすばらしいお芝居をされていて、見ているのがものすごく辛かったですし、12日のときは大泣きしてしまいました。
ところが今日は、あまり こみあげるものがありませんでした。

体の力を抜いて、背中から落下していったスーツアクターさんの演技は、迫真の演技ですばらしいと思いました。

もうひとつ、今までずっと見てきたのに、なんで気づけなかったんだろう…と思ったことがあります。

ヒカルが犠牲になる前の場面で、夜叉巫女の動きを封じる金縛りの術を自力で解いて、5人を救おうと、マジランプバスターで攻撃を試みる場面があります。
ところがこの直後に魁が夜叉巫女につかまってしまって、ヒカルがバンキュリアに「動くな! こいつを助けたければ武器を捨てろ!!」といわれます。

魁は「俺にかまわずやっつけて!!」とヒカルに言いますが、ヒカルは「魁、そうはいかないよ」とマジランプを奈落へ落とします。
このあとにバンキュリアに吸血されるという流れになるんですが、このヒカルの行動は魁を助けるためだったんだと 今日 気づきました。
自分の命をかけて、教え子を守ろうとする行為は本当にすばらしかったです。でも、何も死なせなくても…と思いますが。

ウルザードは美登さんが声の担当だったので、ものすごく迫力があって怖かったです。
ショーの後半で、ヒカルが来てくれると信じる魁たちにウルザードが「マジシャインはあとかたもなく消滅したんだからな!! フフフフ ハハハハ!!」と言い放って高笑いする場面は、本当に憎たらしかったです。
さすが美登さんだなあと思いました。

このウルザードのセリフの直後に、魁が「そんな…!! 先生!!」と辛そうに叫ぶんですが、この叫びが今日は泣き叫んでいるような感じの声で、声を担当されている方の演技がすばらしいなあと思いながら見ていました。
魁はきっと、自分がつかまったことでヒカルを死なせてしまったと、自分自身を責めたのではないかと考えています。

ヒビキに「大事な人の言葉を思い出すんだ。そうすれば勇気が湧いてくる」と励まされます。
「大事な人…。そうだ、先生は言ってた。『どんなピンチでも諦めずに、最後まで全力で戦え』って。兄ちゃん、姉ちゃん、先生は来ない。もういないんだ…。でも、諦めちゃダメなんだ!! 俺たちは最後まで全力で戦わなくちゃならない! 地球を守れるのは俺たちだけなんだ!!」と叫ぶ魁。
残りの4人もヒカルの言葉を思い出して立ち上がります。

そんな5人の勇気に魔法が応えて、新しい呪文を手に入れる魁たち。
この魔法によって、ヒカルが復活します。
復活場面でキラキラと光って舞う、金色の光がとてもきれいでした。

「輝く太陽のエレメント! 天空勇者・マジシャイン!!」
「ヒカル先生!!」と、とても嬉しそうに叫ぶ5人。

「消滅したはずでは!!」と焦るバンキュリアに「あいにくだね。確かに僕は消滅した。だけど、僕は魁たちを信じて賭けたんだ! どんなピンチでも諦めずに、最後まで自分の力を出し切って戦う勇気にね! その勇気に魔法が応え、奇跡が起こったのさ!!」というヒカル。
魁たちの勇気と、ヒカルの5人を信じる想いが、新しい魔法を生み出したんだなあと思いました。

ラストはマジレンジャー6人、ヒビキとイブキの力を合わせた技「ミラクル・シャイニング・ボンバー」で、敵を一掃して大円団でした。
今まで見ていて、気づくことが出来なかった部分に気づいたりと新しい発見がありました。