用語集 > 誘惑の森


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誘惑の森(ゆうわくのもり)

【誘惑の森】

公式より
季節に関わらず、常に穏やかな緑が広がる森林。しかしおくに進むにつれ、次第に葉が色づき、甘い香りが漂ってくる。その余りに美しい風景に、訪れるほとんどの者が誘われるように奥へ奥へと踏み込んで行き、二度と戻らない。危険だという噂は十分に広まっているはずだが、それでも妖しい魔力に取り付かれ、森に入る者は後を絶たない。

 →他のダンジョンについては、プライベートダンジョンを参照のこと
  • 人の心を惑わせる美しい森を舞台とする ※正式サービスより実装
  1. 豫州マップの12-1付近に入り口がある。


進入方法や制限など

  • プライベートダンジョンは、連合を編成したうえで、ダンジョンを管理するNPCに話しかけ、[探索を確認する]を選択することで行える。
  • 誘惑の森へは、「豫州マップ」の12-1付近のNPC「魔境探索者」に話しかけることで進入できる。
  • Lv36以上、10人連合推奨となる。


関連する依頼(クエスト)

  • 豫州馬屋の近くと誘惑の森の手前の茶屋にて、「行方不明の戦士」、「誘惑の毛皮」が受けられる。
  • 五品官昇進課題(昇進クエスト)の「不老長寿の酒」を取りに来る。


誘惑の森のモンスター

  • 狐精(こせい)
戦国時代の書「山海経」より
九尾の狐で、虎のような爪を持ち赤ん坊のような声で鳴き人を喰うという


誘惑の森



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|