用語集 > 対人戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

対人戦(たいじんせん)

対人戦

  • 三国志の対人戦は、韓国ゲームでよくあるような、1対1のPvP(いわゆるタイマンや少人数のPK合戦)ではない。
  • 大は勢力間の国家戦争があり、小は部曲ごとの戦争がある。いずれにしろ集団戦争となるため、個人もしくはパーティ単位のPvPとはかなり色が異なる。
  • また、いずれの対人戦も通常フィールドや街中では行えず、合意の上で部曲戦を実施するか、またはシステムでスケジューリングされた合戦に参加することで実現する。


集団戦についてのメモ

  • 集団行動と陣形の使いこなしがすべて。
  • 前衛は、戦闘前にShift+F2を押しターゲットを限定しておく。
  • 勇者様はいらない。ソロ特攻する党員がいるとそこから崩れる。あくまで集団戦であることを忘れずに。
  • 徒党単位に行動を。常に徒党員の行動に注意し、ラインを意識して”押し”、”退き”を繰り返そう。
  • 「”聖なる盾”を見たらすぐに退き。」 これは鉄則。光ってる敵は殴ったらダメです。相手が先に光れば、すぐにこちらも鉄壁を繰り出し、先に使った場合や鉄壁を使えない状態の場合は、潔く退くこと。
  • 全員がマップを熟知し、前進後退する位置を認識しておく。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|