用語集 > 防御系統


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

防御系統(ぼうぎょけいとう)

  • 戦闘技能の一
  • 片手具を装備した状態の戦闘技能系統。
  • ゲーム内では「盾」、「片手」と呼ばれることが多い。


防御系統(片手具)

  • いわゆる盾職。
  • 武器種類は、片手具となる。
    • 片手剣・片手刀・片手短槍・盾
  • 装備可能な防具種類は、布装備・革装備・金属装備。
  • 唯一盾が装備可能な系統。金属装備防具も装備でき、高い防御力を誇る。


徒党戦における防御系統の役割

  • 対Enemyにおいては、敵の攻撃を強制的にひきつける技能を唯一保有する職となる。
  • 徒党戦では長く安定して戦うことが理想とされるため、”盾”が敵の攻撃を受け止め、他の攻撃職が削り、練丹が回復するという図式が望ましい。
  • 具体的には、”盾”職が「受止の構え」や「回避の構え」、「ぶちかまし」、「防御の構え」などを使って敵対心をあげることで、敵の攻撃を自分に集める。※「破甲の策・壱」(戦術Lv16:片手/双手/両手)も敵対値を上げる効果がある。ナイツな方はぜひ習得を。
  • これを怠ると、練丹が「回復」したとたんに敵が練丹をターゲットし、徒党が崩れることになる。※もちろん、練丹も一度に回復せず簡易回復や再生、活性化などを駆使し敵対心上昇を抑える必要がある。
  • 二次オープンでは「罵倒」、「守護」などが開放され、同時に誘引の金霊玉も追加された。これにより、より敵対心上昇が楽になったといえる。
※「罵倒」を受けてもサブターゲットできてしまうバグは、2008年3月6日のクライアントパッチ〔ver.1.019〕で修正された。

 →徒党での戦闘も参照のこと


戦闘技能セット例

1 ぶちかまし 2 罵倒 3 破甲の策 4 気の障壁 5 練気の矢
6 氷の盾 7 受止の構え 8 痛転気 9 戦神の盾 0 気流飛散

防御技能系統の自動技能

 →自動技能を参照のこと


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|