|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ウソッ…

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【聞いてえな】金村暁は大きく勝負してるな
 (安芸ドーム横の倉庫で大雨をながめつつ)

 岡田監督 「寒いやん…。(あしたはもっと寒いらしいですという報道陣に)ウソッ…」

 ――紅白戦は延期

 「『雨もあるかな』と思って(キャンプ打ち上げの28日から)1日、前倒しにしとったんよ。しかし、思った通りに雨が降ったなぁ…」

 ――下柳、金村暁がいよいよ登板する

 「シモ(下柳)はオフもやってるし。金村は沖縄で(フリー打撃に登板して)投げたのを見ても、大きく勝負してる。投げること、ストライク取ることで精いっぱいになってない」

 ――金村暁には規定投球回数を投げてほしい

 「昨年は下柳が1年を通じて投げたけど、それでも足りなかった。金村だけじゃないよ。他の投手もそう。3点差、5点差にできる能力というか、投手と野手は、持ちつ持たれつの関係になってくると思う」

 ――金本が“合流”。フォードも久々にフリー打撃で打った

 「フォードは久しぶりに見た。あの3本(20日の紅白戦で3安打)以来かな。復帰戦は、きょうのバッティングを見てからという感じやな」

 ――あすは安藤、福原にも期待

 「やはり、1回でも10勝してるピッチャーは違うよ。金村の経験と一緒。6、7回投げられる、『計算できる復活組』やからな」




そんなてんやわんやがあって、局長会のご一行は視察を終えて球場を後にした。練習が終わって岡田監督の囲み。と、野下は腰を抜かさんばかりに驚いた。監督が急にニヤニヤしてこう言い出したからです。「今夜、オレは局長と宴会や。まあみんなの仕事ぶりを包み隠さず報告したるからなあ…フフフ」

 野下は大いに慌てた。別に後ろめたいことはないが…。岡田監督のいたずらっぽい目が気になる。監督もお人が悪い…。




89 代打名無し@実況は実況板で 2008/02/27(水) 13:02:13 ID:fdBCMc940
岡田監督が判定に怒「審判下手や」

「オープン戦・オリックス9-5阪神」(24日・高知)

飛び交う怒声。三塁ベンチは不穏な空気に包まれた。「なんでや!」「ボール?振ってるやろう」。
阪神・岡田監督は思わず「ハア~」と両手を広げた。
同点の九回二死一塁。相川をカウント2-3と追い込んだ7球目。
能見の高めストレートに相川のバットは回ったように見えたが、判定は「ボール」。
気落ちしたのか、続く吉良に内野安打で満塁とされると、田中にサヨナラ満塁弾を浴びた。
1度はゲームセットを確信した三塁ベンチの怒りは収まらない。指揮官は自ら切り出し
「審判下手やな。ひどいな、しかし。ハーフスイングにしても交流戦あるんやし、パは取らないとかセは取るとか。
審判によって取る取らんもある。審判で野球するんちゃうで。しかし、ひどいな」と早口でまくし立てると怒りを抑えるように足早に球場を後にした。
オープン戦は審判にとっても練習の時期。球審を務めた鈴木審判員も4年目の若手とあって、判定を見れば首をかしげる場面もあった。
どちらも練習といえばそれまでだが、競争の中にある者にとって結果は死活問題になる。
能見にしてもハーフスイングを取っていれば1回無失点だが、サヨナラ負けなら2/3回の4失点となる。
岩田、正田、能見の中から「一枚出てきてくれれば」と下柳に続く左の先発出現を期待する指揮官にとっても痛すぎる結果となった。