|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

平野のあれ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

48 携帯デイリー sage 2008/07/13(日) 22:09:32 ID:gBHP2mM80
7月13日◆試合後

 (一塁ベンチ裏インタビュールームでテレビインタビューから)
 ―見事なさい配、参りました。
 (照れ笑いを浮かべて)
 「何もないですよ。この3連戦なかなか打てなかったですから。最後は葛城がよく決めてくれました」
 ―八回の場面、金本が盗塁。
 「(盗塁は)予定通りです。スチールのサインです」
 ―関本はバントと思った。
 「きょうは初めて打順を5番に入れたんですけど2番の役割の場面ですから。(2番の)後ろに3、4番がいるときと違って(5番は)悪くなっていく打順ですから最初から盗塁でした。
金本も1回走って走れるということでしたから。(シュルツは投球に)1・3秒くらいかかってましたから。(金本のカウントが)0-3になったときからスチールいうてました」
 (報道陣に囲まれて)
 ―金村は6回2失点。
 「前回も援護なかったからな。(六回の失点は)二死からやから後ろにバトンタッチしてもよかったけどな。先発でいけるいうのは前回もそうだけど今回でも分かった。あとは打つ方が援護してやるだけ」
 ―五回はバルディリスの長打から得点。
 「赤星(適時打)でな。平野のあれ(新井の右飛で飛び出し)、オレも抜けたと思ったけどな」
 ―5番に関本を起用。
 「林もよくないし。捕手のところで野口を先発に使ったら、矢野を途中からいかすから浅井は残しておかなアカンからな。昨日のゲーム終わって“明日はセキ5番でいくぞ”いうてたから準備できてたと思う」
 ―カードが変わる。
 「次は9連戦。なんとか打つ方で簡単じゃないけど援護して、先発が最低6回投げてくれたら後ろ(JFK)もきょうみたいに1人休ませられるからな」