|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ポケーッと見てたら気がつかへん

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

385 名前:携帯デイリー[sage] 投稿日:2008/09/15(月) 22:37:43 ID:Y2pfe9lE0
9月15日◆試合後

 (三塁ベンチ裏選手サロンで)
 ―待ちに待った打線爆発。
 「久しぶりやろう。9月初めてちゃうか。球児も勝っていくのは(五輪から復帰後)初めてちゃうか」
 ―打線がつながった。
 「効果的なホームランもあったし、打順関係なしに先頭が出たり。きっちりやってたらな。今までチャンスもなかったから」
 ―今岡にヒットエンドラン。
 「1打席目の三振見たら普通に打たせられんかった」
 ―その後の打席で2ラン。
 「あの2ランは大きかった。(五回の)野口の(2点適時打)も大きかったよな」
 ―岩田は勝利投手になったが。
 「きょうは初回見てもよかった。五回ぐらいからおかしい感じになってた。六回もヒット、ヒットじゃなあ。せめてあと1回。6回100球くらいいかんと。自分はよくても後ろの投手がなあ。勝ち星が付く展開なんやから」
 ―アッチソンがピンチをうまく切り抜けた。
 「もう1回後ろから行かせたかったけどしょうがない。9月に入って初めて五回でリードしたんやから」
 ―これで乗っていける。
 「普通にやっと野球やったやん。今まで耐えて耐えてのゲームばっかり。思い出さなアカンわな。変わらなアカンわ」
 (バスへと向かいながら)
 ―苫篠コーチが李と接触したプレーは監督がアピールした。
 「(李の)明らかにユニホームが揺れとったやろう。それだけ野球に集中してるいうことよ。ポケーッと見てたら気がつかへん」