|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

きょうは落ちてこんやろうなあ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

966 名前:携帯デイリー[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 19:03:08 ID:VR0HZBJU0
9月21日◆試合前

 (移動のバスからドームに到着して)
 「きょうはこっちから行こうかな」
 (と言いつつ、いつもと同じ通路へ)
 「負けてばっかりやからな。道くらい変えよう思ったんやけどな」
 ―バスの通る道順は変えた?
 「そんなもん気づくヤツおるかいな」
 ―朝、地震があった。
 「揺れとったなあ」
 ―午前7時13分ごろらしい。
 「夢の中やなあ」
 ―広島の先発はルイスだった。
 「エッ!ルイス投げてんの?左を(巨人戦に)置いといたんやなあ。(広島は22日から巨人戦だけに)ルイス投げてるのは痛いなあ」
 (三塁ベンチで練習を見ながら) 
 「きょうは落ちてこんやろうなあ(前日は上からビールが降ってきた)」
 (次の瞬間に壁にかかっていたホワイトボードが報道陣の頭に落下)
 「なんかあるんちゃうかここは…」
75 名前:代打名無し@実況は野球ch板で[sage] 投稿日:2008/09/22(月) 00:28:25 ID:zEksduE20
今朝のスポニチコラム

試合前のベンチは決して暗くはなかった。弾んでいたといっていい。
岡田監督がトラ番キャップらと雑談中、突然天井をつたって液体が指揮官の両足の間にポタポタ。
誰もがびっくりしてベンチの上を覗くと、最前列の老夫婦が困惑の表情。
ビールの入ったコップを倒したのだった。「ビール?飲めばよかったわ」。
前夜の黒星を引きずっていたら瞬間的にでも怒っていたはず。
だが血相を変えず、「ビールかけの前兆かも…」の声にニヤリ。
肩から力が抜けているように見えたのは挑戦者として戦おうという気持ちだったからに違いない。

45 名前:携帯デイリー[sage] 投稿日:2008/09/21(日) 22:25:44 ID:VR0HZBJU0
9月21日◆試合後

 (三塁ベンチ裏ミラールームで)
 ―岩田は四回まで好投。
 「この間のナゴヤドーム(15日・中日戦)も六回にヒット、ヒットで交代やろう。五回までいってくれたらよかった。打順もああいう打順なったんやから。走者いるときの死球。いつもそうやろう。何個あるあれ?(10死球目)塁に普通にいかせるんやからな」
 ―巨人に同率首位に並ばれた。切り替えるしかない
 「それだけやなあ」
 ―残り14試合、1戦1戦やっていくだけ。
 「ずーっと言ってるやんか。チームが変わるし、打つ方は切り替えてな」
 ―甲子園に戻れば自分たちの野球を取り戻せる。
 「どこでやっても同じようにやらなアカンけど、これで振り出しになった。そういう気持ちでやるしかない。きっちり並んだわけやからこっから一騎打ち。(直接)対戦は2回しかないけど、どこと当たろうと、ここからはな」
 (バスへ向かいながら)
 ―巨人の勢いを感じた。
 「やられそうな雰囲気あったもんなあ。止めにいったけど止まらんかった」
 ―10連勝は昨年の阪神と同じパターン。
 「去年と逆になったな」