|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

7割がウソや

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡田節全開!安芸入り大放言「7割がウソや」
11月12日10時42分配信 サンケイスポーツ



拡大写真

久しぶりに公の場に姿を見せた岡田氏。元気いっぱいだ(写真:サンケイスポーツ)

 愛の大放言だ! 今季限りで阪神の監督を退いた岡田彰布氏(50)が11日、辞任後初めて安芸を訪問した。「この時期、新聞に名前が載るようではダメ。春季キャンプで出なければ」と白仁田ら若トラにキツ~い、ひと言。さらに労働組合・プロ野球選手会の会長に就任する新井貴浩内野手(31)に対しては「高年俸のFA選手より、若い選手を考えろ」-。久々の登場に岡田節全開だった。

 本当なら、この時期も安芸の主役のはずだったのに…。13差を守れず、まさかのV逸。責任を取って辞任した岡田氏がテレビ番組の取材という立場で安芸入りした。スーツ姿の奥に悔しさを隠して。

 真弓監督を激励した後報道陣に囲まれた前指揮官はグラウンドでハードメニューをこなす選手たちに優しい目を注ぎながら、突然の岡田節を爆発させた。

 「伸びてる選手? そんなん、まだわからんよ。そんな短期間でうまくなれへんよ。積み重ねよ」

 さらに真弓監督が白仁田、桜井らの名前を挙げて、若手の台頭に精力を注いでいるのは十分理解しながら、選手には“警鐘”だ。

 「(監督は)新聞にウソつく時だってある。7割がウソや。この時期に新聞に名前が載っても、(翌年の)2月に名前が出なかったらあかん。そういう世界やん。結果を出せば使う。結果出せへんで死んでってる選手がいっぱい、いるんや」

 愛があるからこそ、厳しい言葉になる。願望を込めた評価に勘違いするなというワケだ。

 さらに労組選手を束ねることになった新井の話題は「いい経験になるよ」と、会長の先輩としてエールを送りながら、徐々にヒートアップ。

 「今の選手会は方向性が間違っている。FAの権利とかばかり主張しているけれど、最低年俸とか、年金とかの話をしないと。お金を持ってる上の選手のことを考えるより、入ってくる選手のことを考えないと。何年も初任給や年金が上がらない会社があるか」

 以前からの持論を展開して、新会長への檄辛エールだ。

 監督を離れても、タイガースへの、選手会への熱き思いは衰えない。これからは、ご意見番としての登場が増えるかも…。究極の「まあ、聞いてえな」。耳を傾ける価値はある。(上田雅昭)



296 携帯デイリー sage 2008/11/11(火) 21:04:47 ID:lgzFkDWZ
記事・真弓語録より抜粋

―岡田前監督は「現場を離れた今は言えるけど、秋に出てきてほしいと名前を挙げる選手のうち、3割出てきたら十分。7割は新聞へのウソ(リップサービス)よ」と話していた


297 スポーツ好きさん sage 2008/11/11(火) 21:19:18 ID:JG98hfCt
(数年前)
スコアラーはおもろいな。半分以上ウソやで(ニヤリと笑った)

★7割は新聞へのウソ(リップサービス)よ
どや、不思議やろ?

334 携帯デイリー sage 2008/11/12(水) 00:48:35 ID:022HS9O9
◎真弓新監督と岡田前監督が“初対談”

 阪神・真弓明信監督(55)と岡田彰布前監督(50)が11日、安芸市営球場でバトンタッチ後初めて公式の対談を行った。「阪神OBの方が監督というのは、チーム作りなど継続してできる」と話す前監督に対し、新監督は「本当にやりやすい」と同調した。
 対談後、岡田前監督は「特段変わった話はしてない。今までもOB同士の立場でいろいろ話してるから」と詳細は伏せた。だが語るうちに、先輩監督を陰ながら後押しする熱情はこみ上げた。
 「今やから言うし、現場におる間は社交辞令で言うてたけど、秋の時期に監督が来年出てきてほしいと名前を出す選手の7割は新聞に言うウソやんか。去年の今ごろでもオレが名前出して今年活躍したんは岩田ぐらいやろ。
今どれだけ練習しても翌年の試合で結果出んかったら使えん。簡単に秋のキャンプだけでレギュラーなんか獲られへんよ。積み重ねやから」
 さらに「去年も勘違いしたやつがおったゆうこと」と痛烈に続けた。その個人名を明かす形で「ただ今年の秋は桜井にしても林にしても練習できるだけで違う。違うと思うよ」と結び、奮起を促した。独特の表現法で真弓阪神の常勝チーム構築への道筋を示した。

338 携帯デイリー sage 2008/11/12(水) 01:11:57 ID:022HS9O9
◎岡田前監督、新選手会長・新井に要望

 岡田前監督は、新選手会長に内定した阪神・新井について「いい経験になると思う」と話した。自身の選手会長経験を踏まえての助言を惜しまない考えで、強い要望も付け加えた。
「今の選手会は自分がしていた時代と異なり、趣旨や方向性が変わってしまっている。高い年俸のFA選手の話ばかりしてるけど、そうではなく、これから入る選手の最低保障年俸やOBの年金を議題の中心にあげて改善に取り組むべき」と声を大にしていた。