|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

頑固力

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

185 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 17:25:28 ID:k8DRk0Dp
――近所の本屋に頑固力が置いてないが


186 SMZ JRU sage 2008/11/10(月) 17:27:19 ID:BTZZc/oN
185
昨日の虎バンで13日発売って言うたやん(笑い)


187 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 17:39:10 ID:S+FMgJdf
ようやくスレを見つけたのに流れに全然ついていけんのやもん、考えられん・・・
頑固力って何よ。


188 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 17:46:31 ID:k8DRk0Dp
186
あっ、ホンマ……(絶句)

187
(そんなん知らんの!とは)俺は言わない。しんどいもん。


189 阪神SD sage 2008/11/10(月) 17:54:13 ID:nRfzZPMh
187
頑固力、そんなもんアカンアカン。○○力といったら、これ(野球力)やろう。
(そういうと各局野球中継のOPに流れるフレーズを聞かせた)


190 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 18:03:30 ID:c40ZkW1o
(>>189を)消して

191 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 18:03:31 ID:osPGbb2z
187


193 スポーツ好きさん sage 2008/11/10(月) 18:23:30 ID:iuEj2SQh
191の「このカテゴリの本」

  • だから混浴はやめられない
  • 大阪のオバチャンは、なぜ人前でもあがらないのか?
  • 江戸の下半身事情

ちょっと、わからん・・・


246 スポーツ好きさん sage 2008/11/11(火) 02:03:41 ID:UO36NZ5n
彼の人生は、まさに阪神タイガースとともにあった。頑固なまでに信念を貫いた男の「ブレないリーダー哲学」とは?

いじりすぎるコーチが選手を潰す

長所を見つけ、長所を伸ばす

1対0が理想の勝利

指揮官はマイナス思考たれ

勝負の責任はすべて指揮官にある

年度別選手成績・監督成績


ttp://www.sscom.co.jp/shinsyo/new.html#chapter3

頑固力に期待は十分よ。



247 スポーツ好きさん sage 2008/11/11(火) 02:10:05 ID:oIYJSCXm

勝負の責任はすべて指揮官にある


―どんコメでは選手を責めるコメントが多かったが


248 スポーツ好きさん sage 2008/11/11(火) 03:08:52 ID:nr3XwSBa
それ愛やんか


249 スポーツ好きさん sage 2008/11/11(火) 03:36:21 ID:AAsaH1ty
246
おお、ちゃんと(責任をコーチになすりつけ自らを正当化)してるなあ(爆笑)


286 DNDN sage 2008/11/11(火) 20:13:30 ID:iQq5YdeX
 阪神の岡田前監督が、今月13日に著書「頑固力」(角川SSC新書)を緊急出版。
 本の中で、突然の監督辞任の真相やフロント陣への不満を赤裸々にブチまけ、返す刀で球界への
厳しい提言を行っている。まず岡田前監督は歴史的な逆転負けについて、「正直に言う『まさか、
こんなことになるとは・・・』これが偽らざる気持ちだ」と心情を吐露。
 まだ巨人とは4.5ゲーム差あった9月5日の広島戦あたりから「長年グラウンドで戦ってきた人間
の持つ感覚」で危機感を募らせていたそうで「気心の知れた記者に思わず言ってしまった。『10月に
祝勝会やろうと言うてたけど、残念会に変わるかもしれんで』」と1ヶ月以上も前に、負けたら即辞任を決めていたというのである。
 「そもそも、この本は阪神がぶっちぎりで優勝することを前提に7月から企画が進行していて、岡田
前監督のリーダー哲学や半生について語ってもらうのが目的でした。ところが、まさかの逆転負けで
状況は一変。一時は出版も危ぶまれましたが、岡田前監督も出版を引き受けた以上、責任を感じていて、
辞任後も真摯に取材に応じ『本音』を語ったそうです。


287 DNDN sage 2008/11/11(火) 20:14:36 ID:iQq5YdeX
 とりわけ岡田前監督の声が大きくなっているのは、星野阪神SDとフロント陣に言及したくだりだ。
 星野については「五輪前にわざわざ試合を休ませてコンディションを整えさせ、阪神から特別にトレー
ナーまで帯同させたというのに・・・。一体何が起きていたのか。阪神のSDでもある星野仙一さんに
説明を聞かせてもらい・・・」と憤懣やるかたない様子。
 甲子園球場の改修工事については「ペナントはどうでもいいと思っていたのか」「巨人に3連敗を
喫した9月の戦いでは、遠征に同行していたフロントとの会話は一度としてなかった」と内幕を暴露して
いる。
 もちろん、本書の中には仰天、爆笑エピソードも多数。
 中学時代は父親に連れられ大阪ミナミのキャバレーのステージで歌っていたとか、カラオケのおはこが
ビリーバンバンの「白いブランコ」といった話もある。
 「今だから言えるが」と前置きしながら、「球界一のストッパーに成長した藤川が実は03年に戦力外
通告を受ける所だった」「野村監督との確執の真相」「不仲が噂された掛布との間柄」・・・など、
阪神ファンならずとも興味深い内容である。
 野球人の書く本といえば自慢話やきれいごとが多いが、この本はそれらと一線を画すものだ。

みんな、買ったってな
一人当たり5600円分(税込み)くらい買えばエエやん(笑)