|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

お前で打たれてよかったよ。なあ球児。お前で終われてよかったよ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

438 携帯デイリー sage 2008/10/21(火) 00:13:27 ID:7X3IzqHa0
記事より

◎さよなら岡田監督!涙の胴上げ

 最後の花道を飾ることはできなかった。阪神がクライマックスシリーズ第1ステージで敗退。辞任を表明して臨んだ岡田監督の、最後の戦いが終わった。試合後にはグラウンドで選手らによって胴上げされた指揮官。岡田阪神第一幕の終演に、涙が止まらなかった。
 背番号80に集まった。歓喜の胴上げはならなかったが、惜別の思いを込めてみんなが縦じまに触れた。1回、2回、3回…。それぞれの指揮官の思いが6回の胴上げになった。
 岡田監督にはもう何も見えなかった。ぬぐってもぬぐってもあふれてくる。赤星、金本、矢野、下柳、鳥谷…。1人1人と右手で握手しながら、止めどなくあふれる涙を左手でぬぐった。
 藤川には「お前で打たれてよかったよ。なあ球児。お前で終われてよかったよ」と言った。ウッズに決勝弾を浴びた守護神を責めることなどなかった。
 右手で左手で何度ぬぐっても止まらぬ涙。泣き顔のまま岡田監督はスッと帽子を取って「ありがとう」と言った。どこからともなく「帰って来いよ」の声が飛ぶ。再びグラウンドへ戻ってくる背番号80を虎ファンと甲子園が待っている。