|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

そんなん知らんの!

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そらそうよ」に続く傑作「そんなん知らんの!」

岡田監督の口癖にはかの有名な「そらそうよ」がある。
これに並ぶ名作としてチーム関係者の注目を浴びているのが「そんなん知らんの!」だ。
戦術や采配などの野球論に加え、独自に入手した電鉄本社情報や球界の裏情報などを岡田監督が得意げに語る。
相手が「へえ、そうですか」とか「知りませんでした」と反応した瞬間、岡田監督の目がギラリと光り
「そんなん知らんの!なんも知らんのやな」と突き刺すのがお決まりパターンだ。
つい最近もコーチ陣との間でこんなやり取りがあった。
「オマエら、月ってあるやろ。宇宙にある月や」
「はあ、知ってます」
「月の裏側に実は大都会があるのを知ってるか?地球からは見えないだけらしい。大都会やで」
「…。いえ、そこまでは知りませんでした。そうなんですか?」
「オマエら、そんな知らんの!」あきれたような舌打ちが続くのも毎度の事だ。
岡田監督がどんなSFを見たのか定かではないが、いちいち答えを求められたうえに小バカにされるコーチ陣はたまらない。
「知らんに決まっとるよ。そんなもん。たまらんぞ」チーム関係者も「チームが勝って調子よくなると監督の“そんなん知らんの!”も増える傾向にある。聞く方もつらいんですよ」とボヤくしかない。
かといって、岡田監督の性格と口癖だけはどうあがいても変える事はできない。だとすれば、開き直って楽しんでやれとなった。
「以前に新聞で『会社の上司に言われたくない言葉』のアンケート結果が載っていた。1位は無視を表現する言葉、2位は無知を責める言葉だった。
ボクらだけじゃない。一般のサラリーマンもそうなんだと、みんなで笑ったほどです。いちいち気にしてたら腹が立つばかりだし、割り切る事にした」(チーム関係者)
コーチ陣は「監督の口癖が移って“そんなん知らんの!”と言ってしまう。監督の喋り方に似てきたなと面白がられるくらいや」と笑い合う。
ある主力ナインもベンチ裏で「そんなん知らんの!」とモノマネし、他ナインの爆笑を買っている。
チーム内はいま、岡田語で大盛り上がりなのだ。
巨人の背中を捕らえた岡田監督は「まだ100試合も残っている。気にしても仕方ない」と悠然と構えた。
まさか、自分の口癖が活力源になってるとは思いもしないだろう。(大スポ)