|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

「爆発してしまうわ」と、主語、真相が不明の発言をした


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡田監督「爆発してしまうわ」

<日本ハム4-2オリックス>◇9日◇札幌ドーム

 爆発してしまうわ!? オリックス岡田彰布監督(52)が今季4度目の警告試合の“判定”に切れた。4回2死一、三塁で山本が稲葉に死球をぶつけ、両軍ベンチが飛び出し、一触即発ムードに発展。そして6回2死走者なしから後藤が石井にぶつけられた。衝突はなかったが、報復行為を危ぶんだ審判団が警告試合をアナウンスした。これで黒星の苦みが強まってしまった。

 「今日は何も警告試合にすることあれへん。(山本は)別に勝負にいってやしなあ。(後藤の死球には)そんな文句言うてるワケちゃう。ていうか言うてへん。2アウトランナーなしでなあ。アホらしいて何も言えん。意味がちゃうわ」。

 指揮官の怒りの伏線は山本にあった。1回2死から小谷野への先制2ランまでは「ええんだよ」とし、そこから4連打での2失点に注文をつけた。「攻めへんからやろ。よう(内角を)突っ込まん」。うち3安打が外角球を逆方向に打たれており、弱気な姿が許せなかった。

 1回の4失点が重荷になり競り負け。警告試合もあって、帰り際には「爆発してしまうわ」と、主語、真相が不明の発言をした。残る2試合はダルビッシュ、ケッペルと対戦。8連敗、3連敗を喫している難敵相手に打線が爆発するか。何らかの感情が爆発するのか。真相は…。【押谷謙爾】

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100710-651698.html