|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

アホらしくて何も言えんけど、意味が違う


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

893 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 09:16:00 ID:1eHsfMUY0
オリックス4度目警告試合 5割逆戻り 怒りの岡田監督
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2010071002000087.html
審判がマイクを手にするもはや見慣れた風景に、敗戦の怒りが増幅された。
オリックスにとって今季4度目の警告試合となったこの試合後、岡田監督は
「しっかし、警告試合の出し方おっかしいわな。何も警告する必要あらへん。当たるときもあるよ、そらインコースついてな」と独特の怒り笑い。
審判団の安易な警告試合の乱発だと、苦言を呈した。

指揮官の言い分は、場面の違いだ。
まずは4回2死一、三塁。死球を当てられた3番の稲葉が山本をにらみつけ、両軍がベンチを飛び出す乱闘寸前の状態に。
そして6回2死走者なしで、今度はオリックス3番の後藤が当てられ、これで警告試合が宣告された。
前者は稲葉との勝負に行っての内角攻めで、4番を前に満塁にする意味はない場面。
しかし後者はリスクの少ない3点差2死走者なしでの死球だった。

「アホらしくて何も言えんけど、意味が違う」。そう吐き捨てながらドームを後にした岡田監督。
これで再び勝率も5割に逆戻り。後味の悪さが残る1敗となった。


894 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 09:45:17 ID:fzJqZdBt0
岡田オリックス 日本ハム戦あぁ5連敗

http://www.daily.co.jp/baseball/2010/07/10/0003184983.shtml

>「意味分からんわ!!」

日本ハムに5連敗を食らい、岡田監督はボヤキ会見の最後をこう締めて球場を去った。



895 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 10:12:10 ID:ZH9Q4N3i0
どんでん 怒りのサッポロ
とか言ってないから(笑い)


896 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 10:13:15 ID:isnticL+0
★意味分からんわ!!
★(内角)攻めへんからやろ!もう(相手は外角)狙い打ちよ
★ええんだよ
★(2死一、二塁の稲葉の死球とは)意味が違うよ


おお、ちゃんと(独特の関西弁もどき)してるなあ。


897 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 10:16:51 ID:c6gAkpUK0
>>895
ええんだよ


898 名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 2010/07/10(土) 10:35:57 ID:8/m1jr8K0
指揮官の言い分は、場面の違いだ。
「アホらしくて何も言えんけど、意味が違う」

http://www.daily.co.jp/baseball/2010/05/06/0002950167.shtml
「それはおかしいで!じゃあ当てていい場面があるんか?ないやろ!!」

どや。不思議やろ?(笑い)








岡田オリックス 日本ハム戦あぁ5連敗  
 4回、日本ハム・稲葉(中央)への死球をめぐり、一時騒然とする両軍ナインら 「日本ハム4‐2オリックス」(9日、札幌ド)

 先発は“逃げ腰投球”で大量失点するわ、厳しく攻めたら警告試合にされるわで、だからホンマにもう…。

 「意味分からんわ!!」

 日本ハムに5連敗を食らい、岡田監督はボヤキ会見の最後をこう締めて球場を去った。

 「(内角)攻めへんからやろ!もう(相手は外角)狙い打ちよ」

 敗因に関しては意味明りょうだった。初回に先発山本が一挙4失点。2死三塁から小谷野に先制2ラン被弾すると、そこから外角中心の投球に。それを見透かされたように、糸井からの4人に連続で外角球を安打され、さらに2点を奪われたのだ。

 「ホームランの2点はええんだよ。なんで引きずるねん。あとの2点がアカンのや」。この4失点が最後まで響いた。

 一方で四回2死一、二塁の場面では、山本が投じた内角球が、稲葉の背中付近を直撃。稲葉が怒り、両軍がベンチを飛び出してにらみ合いとなった。六回2死から、今度は相手の石井が、後藤に死球を与えたことで、球審が警告を発した。オリックスにとっては今季4度目の警告試合だ。

 これに岡田監督。「警告っておかしいよな。厳しいとこ攻めたら当たることもあるよ。けどこっち(後藤の死球)は2死ランナーなしやで。(2死一、二塁の稲葉の死球とは)意味が違うよ」

 結局、日本ハムの快進撃も止めることができず…。北の大地で、イライラが募る一夜となった。

(2010年7月9日)

http://www.daily.co.jp/baseball/2010/07/10/0003184983.shtml