|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

どんでん名探偵の事件簿 落合カバン盗難事件を追え


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阪神・岡田監督が中日で起きた落合監督のカバン盗難事件に重大関心を寄せている。
岡田監督は推理・サスペンスドラマが大好きで、球団関係者によると、「ほとんど
の犯人、そして動機も当てまくっている」とか。そこで、被害に遭った落合監督に
同情しつつ、むくむくと探偵魂が頭をもたげてきた。事件の犯人像は--岡田ホー
ムズにワトソン記者が聞いた。

大スポ(以下大):落合監督のカバン盗難事件が波紋を広げています。
        監督の財布は大丈夫ですか
どんでん(以下ど):俺はビジター球場に財布とかを持っていかんからな。
         ユニホームで行くわけやし、第一何に金を使うんや?
大:それにしても誰が盗んだのか。監督はどうみてますか
ど:内部犯行やな。
  あるいはチームそのものの動きをよく知ってる球場関係者、
  アルバイト職員の仕業ということもあるかもしれん。
  いずれにしても、チームのことを知らない無関係の人物ではない。
大:どうして言い切れるんですか?
ど:ったく。オマエは何年、新聞記者をやっとるんや。
  そんなんも分からんか。
  落合監督が「5回まではあった」って言ってたやろ。
  俺はあれでピンときた。犯人は5回以降に監督室に入ったことになるんやけど、
  5回以降というのはリリーフ投手がロッカーからブルペンに向かう時間帯や。
  さらにトレーナー陣も控え選手のマッサージを終え(監督室に近いトレーナー室から)消える。
大:なるほど
ど:それだけやない。5回以降になれば登板のない上がり投手も球場を引き揚げ、
  打撃投手ら裏方もいなくなる。
  つまり犯人は、5回以降から監督室あたりに人が少なくなることを知ってる奴や。
大:さすがですね。
ど:それにな、ユニホーム組は宿舎からバス移動するから、金は持っていても小銭ぐらい。
  大金が入った財布とかカードとか、大事なものは持ってこない。
  3連戦の最終日やったら次はヤクルト戦(神宮)だから、
  落合監督は(都内の)自宅にもどるやろ。
  犯人は球場にカバンを持ってくることを知ってたんや。
大:だんだん見えてきました
ど:もう一つオレが巧妙だと思うのは、犯人が財布だけでなくカバンごと盗んだ点や。
  分かるか?
大:分かりません
ど:ったく。そんなん知らんの。それでも記者か?
  財布だけ盗ったら残ったカバンに指紋がついてしまうやろ。
  カバンごと盗れば残らんやないか。
  おそらく盗んだ後は紙袋か何かに入れて監督室を抜け出し、
  球場の外に出ていったやろな。
  もちろん(受付職員がいる)正面やなく、人の少ない三塁側の出入口からな。
大:そこで金だけを抜いて捨てる。監督、犯人は誰なんですか。
ど:…。
大:監督、聞いてますか。犯人は誰なんですか?
ど:…。そこまで分かるか!