|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

我々が一番魅せなあかんファッションはユニホームやで

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡田監督 服装は選手の自覚に任せる
 阪神・岡田監督が24日、選手のファッションは、各個人の自覚に任せる方針を示した。

 巨人、西武などが茶髪や、穴あきジーンズなど“服装の乱れ”を厳しく禁止する方針を示していることに、岡田監督も「たしかにユニホームを脱いだ時(プライベート)でも、世間に見られているという意識を持つべき。みっともない服装はアカンわな」と話した。

 ただ「若い世代の流行もあるやろうから、それを禁止して“これを着なさい”とかいうのもおかしい」と一定の理解も示し、徹底規制までは行わないつもりだ。

 「あくまで社会人としての自覚の問題やから」と、選手に信頼を置く指揮官。一方で「我々が一番、魅せなあかんファッションはユニホームやで」と独特の言い回しで、プロ野球選手の本分は忘れないよう説いていた。
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/01/25/0000224011.shtml