|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

岡田監督豪語「来期100勝できる」

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中、巨、ヤのマイナス材料知っとるで

岡田監督は自信満々に断言した。

「来年は普通に戦えば100勝できると計算している。今年も
できると思ってたけど今岡が不振になったり故障者が出たから
そこまでいかなかった。すべてが順調なら100勝や。それに
周囲は井川の穴を心配するけどオレは何とも思っていない。
その時の調子いい奴3人を2ヶ月ずつ踏ん張らせば埋まる。
大丈夫。代わりの投手絶対に出てくる。1軍でも通用する力を
持ってても、これまでは出られなかったワケやからな。だから
トレードもこっちから仕掛けることはないんや」。

100勝の根拠について、岡田監督は親しい関係者に話した。

「中日はマメ(長島作戦外野守備コーチ)が辞めさせられて
コーチ陣と選手がバラバラやろ。巨人が強かったら来年からの
プレーオフなんて絶対に認めなかった。意見が通る球団なんや
から。それが導入に賛成という事は、戦う前から自信が無いと
言っているようなものや。自分から弱いと言ってるんやから怖く
はない。ヤクルトの選手と古田は上手くいってない。古田は来年
1年で監督を辞めて実業家になるらしいで。選手もソレを知って
るから付いていくワケがない」。

ライバル球団にマイナスがあるなら、自軍は今後もプラス材料
が見込めるというのが岡田監督の見方だ。
軍資金も「井川の入札金を補強に回す」(宮崎オーナー)と問題
はなく、広島・黒田獲りに準備した17億円も手付かずで残って
いる。
こんな理由から、岡田監督は100勝到達にどこまでも大マジだ。