|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

その後、桟原と吉野の2軍落ちが決まる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月14日 試合後

 (プレスルームで)
 ―どこかで1本出ていれば違う展開に?
 「いやいや、それは結果でな、だれが見ても分かることやん。ノーアウト満塁(三回)でクリーンアップでもう打つしかないのに、それでなんでアウトなってるか聞かれても分からんよ」
 ―能見は好投?
 「よかったよ。球数も少なかったし、もともと横浜は抑えてる。でもあそこ(八回無死)で(先頭の)ピッチャーを出したら点になる可能性高いんやし、あそこをきちっといっとけばな」
 ―0-0の試合展開はやはり重苦しい?
 「重いもクソもないやろ。ゼロでもいろんなゼロがあるけどな」
 ―九回のリリーフ2人が追加点を与えた。
 「昨日もゆうた通りやん。1、2点差やったら今の野球は分からんのに。(桟原)三振取っていけるかなって思うたら初球をポーン、ポーンって(連打されて)簡単すぎるやろ。
5、6点差の敗戦処理で投げてるんちゃうんやし、昨日もピッチングコーチが言うてたけど、何のために1軍ベンチに入れてるか意味が分かってへんわ」
 (さらに怒り噴出)
 「(接戦の)いいゲームしてても、それを壊しにいってるようなもんやろ。昨日(橋本健)と一緒の同じコメントやん。中継ぎ陣の入れ替え?分からん。これからや」
 (その後、桟原と吉野の2軍落ちが決まる)