|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

林にホームラン打てんのか言うた

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【聞いてえな】林にホームラン打てんのか言うた
 (試合後の三塁ベンチ裏での会見)

 ――能見がよかった

 岡田監督 「先発して6回投げて、いいピッチングしとった。いきなり(先発)じゃなく、(東京)ドームで1、2回投げさせた(のがよかった)。ストレートも走っていたし、コントロールもよかった。無四球やろ。低めに変化球もきていた」

 ――林の一発が能見を助けた

 「(一回から三回は)四球ばっかりのチャンスで、(そこで)1点も取れんかったし、嫌な感じだった」

 ――長打がなかった

 「練習中に(林に)いうたんや。ホームランは打てんのかって。ホームランは試合で打っていいよってな」

 ――高めのボール球をうまく打った

 「自分のスイングをすれば、いろんな球にも反応できる。(八回、初球のストレートを左飛に倒れた)最後の打席も、真っ直ぐだけを待ってれば(狙い通りに打てた)な。(配球を)読まんと打たれへん打者じゃない。もったいないわな。ストレートに振り遅れることもないからな」

 ――金本も久保田も前日の試合の嫌なイメージを払しょくできた

 「カネ(金本)も最後(の打席)やったけどな」