ポケモン ダイヤモンド・パール 徹底攻略 ダイヤモンド・パール最新情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

始まりの町はフタバタウン--

主人公は性別の選択可 これまで通り、主人公を決める際には性別の選択が出来る。
選ばなかった方は、冒険の途中で主人公を助ける人物として登場する模様。

DSのダブルスロット機能で、GBAとのポケモン交換可ある条件を満たすことにより、ゲームボーイアドバンスで育てたポケモンをダイヤモンド・パールに持っていける。
ニンテンドーDSのダブルスロット機能を使うらしい。

時計機能で時間が変化(朝/昼/夕方/夜/深夜)ニンテンドーDS内臓の時計機能で、朝→昼→夕方→夜→深夜と時間が変化する。
時間の変化によるゲームへの影響は、景色が変わる、出会える野性ポケモンが変わる、ポケモンの進化に影響する。などなど。
公式サイトによれば、他にもあるようです。

ポケモンのオス・メスに見た目の違いがある特定のポケモンに、オス・メスによる見た目の違いがある。
ただ、ものすごく微妙な変化であり、全てのポケモンが変化するわけではないらしい。

新しい博士の名前は「ナナカマド博士」ナナカマド博士は、ポケモンの進化について研究をしている博士。
主人公は、長い旅を終えて帰ってきた博士からポケモン図鑑の完成を依頼される。
ナナカマド博士によれば、「ポケモンの90%は進化する」とのこと。

新グッズの名前は「ポケモンウォッチ」ポケモンウォッチは「ポケッチ」とも呼ばれる。
ルビー・サファイアで言うポケナビのような存在だと思われる。
しかし街の人が「ポケッチは進化するグッズ」などと発言しているところから見ると、
金銀のポケギアにも近い?
ポケッチの機能は20種類以上。(デジタル時計機能/そだてやカメラ機能/けいさん機能/わざあいしょう機能など)

ポケモン図鑑が一新出会ったポケモンが記録され、捕まえたポケモンはより詳細に記録されるポケモン図鑑。
ダイヤモンド・パールではポケモン図鑑が2画面になり、タッチペン操作、おおきさくらべ、なきごえによる遊びなど
色々な機能が追加されている。

新わざ・新とくせいが続々登場新わざ:
はどうだん「かくとうタイプの強力なわざ。ルカリオ限定?」
しぜんのめぐみ「ポケモンのもっているきのみによって、わざのタイプといりょくが変化する」
さしおさえ「相手の持っているどうぐを、しばらくのあいだ使えなくする」
とっておき「自分の覚えているわざを全て使った後に使えるようになる。効果は不明」
なやみのタネ「相手のとくせいを『ふみん』に変える」
クロスポイズン「急所に当たりやすい。一定の確率でどく状態にする」
アクアジェット「必ず先制できるみずタイプのわざ」
新とくせい:
ふくつのこころ「ひるむたびにすばやさがある」
フラワーギフト「『ひざしがつよい』状態で自分と味方の能力がアップ」
スナイパー「わざが急所にあたったとき、わざの威力が上がる」
ちどりあし「自分がこんらん状態で回避率が上がる」
→新しく追加されたわざ

最初の3匹は「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」ナエトル:
緑色の小さな亀のようなポケモン。頭に植物の双葉のようなものがある。
甲羅は茶色と黒色。あごと足、目のふちは黄色。

ヒコザル:
オレンジ色の猿のようなポケモン。炎のような尻尾を持っている。  
胸に渦巻き模様がある。目のふちが特徴的な色。

ポッチャマ:
水色のペンギンのようなポケモン。
頭から背中にかけて青色。口ばしと足は黄色。

情報提供者ライ様