|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

『神様 光をください』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

『神様光をください』〜うつ病クリスチャンの心の窓から〜

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇

※ 発行サイト

melma! m00027153  まぐまぐ 0000060932
E-magazin kamisama  Makcy kamisama_hikari
メルマガ天国 3523  カプライト 1678

*─*─*─*─*─*─*─*─*

☆ 登山から学ぼう(装備編)

  ファスナーの穴に紐を2つにしてつけておく。
  :服を脱いだ方がいい場合、引っ張りやすくて便利。
  手芸屋さんより、スポーツ店での購入がオススメ。
*─*─*─*─*─*─*─*─*

★ 本日のお題:ありたい自分

 私はクリスチャンだ。
でも、チェーンスモーカーで、「本当にあった怖い話し」を
欠かさず見て、家の中では8匹のにゃんこの「床の一枚」にしか
されていなく、部屋は散らかり放題の、いわば
「ダメダメクリスチャン」だ。
求道者の方々のつまづきの石になったら困るよ〜と思い続けても
直らない生活習慣。

 こんな私だが、実生活の中でなにかを選ばなくてはならないときとか、
仕事場に歩いているときとか、雑念しているときでも、
基準は「イエス様」である。
私にしては、奇跡的なことだ。過去の自分はさぞかしびっくりしているだろう。

 でも、どの宗教にも限らずキリスト教も中々難しい。
だって「自分の敵を愛しなさい」とか「右の頬をぶたれたときは、
左の頬も差し出しなさい」とか「隣人を自分のことのように愛しなさい」
なんて、絶対出来ない。
自分が喜ぶことだけをチョイスしたい。

 でも、たったひとつだけ課したいことがある。
それは、神様から恵みをいただいたら、いただきっぱなしではなく
ちゃんとイエス様のところに戻ってきて
「ありがとうございました」とお礼を言うということ。
あまりドラマチックでもなければ、目立つようにも書いていないが、
聖書にこんな聖句がある。

:::(略)ある村に入ると十にんのライ病人が大声で
「イエス様!どうぞお助けを!」と叫びました。
(略)ライ病はきれいに治りました。
その中の一人がイエスのところに引き返し足下にひれ伏して
「ありがとうございます。おっしゃるようにすっかり良くなりました。
神様に栄光がありますように」と言いました。
(略)(イエスは)「はて、十人全部を治したはずだが...。
ほかの九人はどうしたのか。神を賛美するために帰ってきたのが
この外国人だけとは....。」
こうおっしゃってからイエスはその男に「さあ、立ってお帰りなさい。
あなたの信仰があなたを治したのです」と言われました。

    ルカの福音書17章11節〜19節


 好きなんだ。この聖句。地味だけど。
私の部屋は別名「シャッフル部屋」と命名したのだが、いつも
本やリモコンなど「ないないない〜〜!!」とシャッフルして
探すので、その度に次使うものが行方不明になる。
そんなときもよく祈る。「見つかりますように」って。真剣に。
そうすると五分しないうちに見つかる。
「わーいわーい\(^o^)/」と喜んでそれが神様からの恵みというのを
すっかり忘れてしまいがちだ。
そこをきちんと正座をしてお礼を言う。
 その一点だけは、クリスチャンでありたい。
そうでありますように、と祈っている。

 あと、私が神様から頂いた賜物として「不幸だと考えたことがない」
と言うのがある。
両親が離婚した3歳のときも、発病したときも、私が離婚したときも
「竹」と「松玉」が死んだときも、生活費に困っていても、
ズタズタになるほど悲しかったけど、でも不幸だ、とは思ったことがない。
むしろ、いつでもチョットは幸福♪と思って生きてきたし、
これからもそうなんだと思う。
でもそれが、父には理解できないらしい。
先日、財産分与を「何もいらない」と断ったとき、口にしていた。
「私が欲しいのは、財産じゃなくてお父さんとの想い出なんだよ」と
言いたかったのだが、なんだか申し訳なくて言えなかった。

 そういえば、明日から「春」..なんだなぁ....。


…※。………………………。※…

『神様光をください』のホームページ
http://www.ictnet.ne.jp/~hotaru936/

バックナンバー、エッセイ日記、詩、掲示板、リンクなどがあります。

…※。………………………。※…

ホタルのおうち(感想メール、お祈りの課題などは、コチラへ。)

hotaru936@ictnet.ne.jp

----------------------------◆☆◆☆ 著者:ホタル


更新履歴

取得中です。