※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.net のlog4nの使い方

■概要


  • log4n のアセンブリを入手
  • アプリケーションの構成ファイルを追加(App.config)
  • 構成ファイルに、log4n の設定を追加
  • AssemblyInfo.cs に、log4nの設定を追加
  • 必要に応じて、クラスファイルに処理を追加

【log4netでデバッグや障害解析に役立つログを出力する】
http://codezine.jp/a/article/aid/71.aspx

■詳細


●log4n のアセンブリを入手

●アプリケーションの構成ファイルを追加(App.config)


名前はApp.configで良かったという衝撃。

●構成ファイルに、log4n の設定を追加


プロバイダの追加と設定の追加

#以下の感じ

<configuration>
	<configSections>
		<section name="log4net"
            type="System.Configuration.IgnoreSectionHandler" />
	</configSections>
	<log4net>
		<appender name="TraceAppender" type="log4net.Appender.TraceAppender">
			<layout type="log4net.Layout.PatternLayout">
				<conversionPattern value="%-5p %d [%t] %m%n" />
			</layout>
		</appender>
		<root>
			<level value="DEBUG" />
			<appender-ref ref="TraceAppender" />
		</root>
	</log4net>
</configuration>


●AssemblyInfo.cs に、log4nの設定を追加


以下の記述を、AssemblyInfo.cs の一番下に追加
[assembly: log4net.Config.XmlConfigurator(Watch=true)]


注意:
以下の記述を書くと、「'log4net.Config.DOMConfigurator' は古い形式です: 」とか怒られる。
上記のように、XmlConfiguratorに置き換えると良い模様。

[assembly: log4net.Config.DOMConfigurator(Watch=true)]



●必要に応じて、クラスファイルに処理を追加









■その他、参考にさせて頂いたサイト