※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MySQLの使い方

■使い始めの流れ


●インストール

●データベース作成

●ユーザー作成(?)


で、使用するユーザーとデータベースの準備完了
あとは、作成したユーザーで、作成したデータベースに
テーブル等を作っていく。


■MySQLに接続


C:\>mysql -u root -p

■データベース操作


●新規作成


mysql> create database meke;
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

●一覧表示


mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| meke               |
| mysql              |
| test               |
+--------------------+
4 rows in set (0.02 sec)

●接続する


mysql> use user_db;
Database changed

●テーブル一覧表示


mysql> show tables;

■ユーザー操作


●新規作成


mysql> grant select,insert,delete,update,create,drop,file,
alter,index on *.* to db_user identified by '123456';
mysql> flush privileges;

■MySQLのデータ型


http://www.javadrive.jp/mysql/datatype/index.html



■バックアップ・リカバリー


MySQLのダンプファイルは、SQLのInsert文の形式らしい。

■Tips


●MySQLコマンドの際のBeep音の止め方


【対策1】


↓書き方

[mysql]
set-variable=no-beep 


【対策2】

mysql.exe 起動時のコマンド行オプションで -b を付ければBeep音は止まります。



● INSERT文での日付の使い方


A.5.2. DATE カラム使用時の問題
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/using-date.html

6.2.2.2. DATETIME、DATE、TIMESTAMP 型
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/datetime.html


■ADO.NET のデータプロバイダ