※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行って来ましたキッチンズ!

管理人が池袋的視点で実録レポートします。

8月某日AM9:00
昨日まで神戸出張で、当日帰京日だったわたしは、14時過ぎに設定された帰りの新幹線に間に合うように大阪へ足を延ばすことにしました。

東海道線で元町から大阪まで。大阪(梅田)から地下鉄御堂筋線で難波で下車。
難波からお店まで徒歩で向かうことにした。

日本橋か恵比須という手もありますが、乗り換え不安な方はなんばから歩くほうがおすすめ。途中、道具屋筋などをかすめ、たこ焼きつまみつつ…なんて素敵です。

【ここでポイント】
東京から行く場合、新幹線なら新大阪→<地下鉄御堂筋線>→なんばがおすすめ。
深夜バスもたいてい梅田につくと思うので。私と同じ行き方で良いかと思います。

しかし暑い。猛暑だ。
暑い日差しの中、大阪の電気街「日本橋」の街並みをふらふらと歩く。もともと3年前くらいにこのあたりに住んでいたので、地理的な不安はなかったのだが、やはり秋葉原同様、オタ向けの店は確実に増えている様子。

しばらくして見えてきたアフィリアキッチンズの店がまえに目を疑う。
なんだ、すげえいい場所にあるじゃないか!しかも、一見ただのおしゃれな喫茶店だ。怪しくない!(笑)

日本橋筋に面した角地で、2方がガラス張り。すごーい。健全。

しかし、開店前に到着してしまったため、ガラスの内側にはシャッターというか鎧戸というかが張り巡らされており、すき間からでは開店準備中の中の様子は見れませんでした。
開店時にはこれがガラガラと開く訳ですね。


さて、気を取り直して、登校です。
大荷物を抱えて入店すると、レジのところに後輩がひとり。

「ただ今ランチタイム中ですのでお2階へどうぞ」とのこと。
通常営業時は、1Fがキルト、2Fがマジシャンと区別されているそうです。

1Fは、明るく、いたってふつうの喫茶店といった感じ。こんな(?)店と知らなくとも入ってくる人も多いんではないかと思います。

1階はテーブルが7卓でそのほか待合のソファ、レジ、厨房となっており、トイレはありません。

そそくさと学院証を取り出すと、「学院証の提示は2階で」との事だったのでそのまま2階へ階段を上がります。

※2週間後にお邪魔した時には、ランチタイムは1Fのみでの営業になってました。試行錯誤があるようですね。私は1Fに賛成。

2階はかなり広く、階段を上がった先には鎧の後輩(山田さんと呼ばれていました)が律義に立っており、L字型のフロアに座席が30席、カウンターが6席。カウンター裏にはデシャップと調理室。多分厨房はありません。

テーブルは名古屋ともまた違うちょっと小さめの2人がけ席がずらっと並んでいます。テーブルには、金のプレートで席番号がふられていました。この席番号、重要な役割があることに後で気づきました。

席番は、入り口付近からM1で、奥に行くにしたがってM16までが禁煙席
M17~30が喫煙席となってます。

この日は2階にいた後輩は2人、セト、ルナでした。

カウンターはコイン4枚で座ることが出来るそうです。
ただし、ランチタイムは無理との事ですので、これは次回挑戦してみたいと思います。

開店直後、ランチタイム中です。
ランチタイム中のワンオーダー1時間制は他と変わりません。

メニューですが、
ランチプレートのセットが3種、デザートセットが2種でした。

ここでポイント!
コインは、プレートセットでないともらえません。
また、プレートセットのお客様は追加ドリンクは300円ですが、

ケーキセットの方は追加ドリンクは500円となります。

メニュー的にキルトとマジシャンを分けているという感じですね~。


池袋が根城の方にはあまりイメージできないと思いますが、
大阪、名古屋は「キルト」という制度があり、学院証を持たない方でも利用できる制度があります。この場合、ワンドリンクオーダー制となり、単位やコインは当然もらえません。(池袋のメニューに、飲み放題のはずのドリンクに値段が記入されてると思いますが、キルトの場合、この値段で飲み物が飲めるということになります)

大阪の特徴はなんと言っても池袋、名古屋にはない「プレートセット」です。
詳しくはHPにも載ってますので、そちらをご参照ください。

私的に非常に楽しみなメニューがありました。

から揚げとショウキョウ、そしてトンカツです!

から揚げとショウキョウといえば、初期アフィリアの定番メニュー。
から揚げについては、いまだ復活を望む声が多数聞かれます。

ただ、から揚げはプレートセット内であくまで添え物的に供されるのみで、単独メニューではないのですが…。


今回のランチには、狙ったメニューがなかったので、ジューシーハンバーグとサラダパスタのセットを選びました。

選ぶと、下の階へオーダーが伝わり、出来上がると校内放送がかかります。

この校内放送がキッチンズのウリのひとつなわけです。
それは例えばこんな感じ

「●●先輩のランチプレートAセットが出来上がりました!私▼▼がただ今からお持ちいたしますので、もう少し待っててくださいね☆」
これが、ブロンズ以下のランクだと、「M●●のお席の先輩」となるわけね。
なかなか考えたな。だから、席番号はお客さんも見やすいようにしてあるのですね。

今回は、フェイ・マホメットに運んでもらいました~。

そのほかにご飯と味噌汁、ドリンクがついてきます。
ご飯には、トッピングとして、ごま塩、のりたま、おかかを選んで振りかけてもらえます。
ふりかけをかけてもらうというのは新鮮な気分ですね。
もちろん、忙しい時は出来ないこともあると思いますが、これはまあ良識のある先輩にはお分かりの事でしょう。