ボーリックナイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボーリックナイト


【意味】
真夏の夜の悪夢。
2001年7月9日、対ロッテ戦。
一点差で9回、抑えのエース小林雅英を打ち同点とし、
迎えた延長10回表、代打大道が藤田から3ランHR。
6-9とリードをする。その裏、ダイエーは当然のごとく守護神ペドラザをマウンドに上げる。
誰もがホークスの勝利を確信した。
しかしそれは序章に過ぎなかったのだ…

1番小坂、2番サブロー、3番福浦と3連打で満塁とし、打席にはボーリック。
思い切り振りぬいた打球は無情にもバックスクリーンへ…逆転サヨナラ満塁ホームラン…。

人々はこの試合をこう呼ぶ、「ボーリックナイト」と・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。