雁ノ巣カーブ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雁ノ巣カーブ


【意味】
元ホークスの左腕木公投手(現横浜打撃投手)の投げる変化球で、非常に遅い速度(最も遅い時は90キロ台)のカーブ。
その起源は同じく元ホークス左腕の土井雅弘投手が使っていた
「パラシュートカーブ」とされる。
その落差と球速差から幻惑された打者は多い。

ちなみに、田之上、西村(いわゆる開幕様)や
寺原、斉藤和巳ら右投手が使う110キロぐらいの大きな遅いカーブは
「ベロンチョカーブ(鳥越が命名)」と言われ雁ノ巣カーブとは別物。

【関連語】
木公」「雁ノ巣
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。