藤井ゲート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤井ゲート


【意味】
福岡ヤフージャパンドームの第15番ゲートの別名。
2000年10月13日に永眠した藤井将雄が、背番号15をつけていたことから名付けられた。
藤井将雄を記念したプレートとファンにあてた彼の最後の言葉が入り口に掲げられている。

このゲート名の提案はアホボンの数少ない功績のひとつである。
このほかにも1塁側ベンチには「藤井」という名前シールが大事に貼ってあったり、ロッカールームには藤井投手が殴って開けた穴が今でもそのまま保存してある。

なお、正確には15番"通路"なのであるが(本来、ゲートは外からコンコースに入る際の出入口を指す)、「藤井ゲート」と名づけられたために15番だけゲートという呼び方が定着している。

【関連語】
藤井将雄」「藤井ハリー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。