宮G


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宮G


【意味】
宮地克彦外野手をさす。
足の怪我を理由に03年オフに西武を解雇され、テスト入団でホークスに入団。
もともと打撃には定評があり、二軍ではぬきんでた成績を誇っていたものの西武ではくすぶっていたが、ホークスに来て徐々に打撃センスが開花。
04年は規定打席数に到達しないながらも打率三割をキープ。
05年には現行制度で最も遅いプロ入り16年目での規定打席到達、オールスター出場、打率ランク5位に入る活躍を見せ、とうとうベストナイン受賞。

埼玉に妻や子どもを残して単身福岡に住んでおり、通勤も自転車である。
娘のりおタンがとても愛らしい。また、06年に二女も誕生。

鷹板では特に萌えキャラとして認知されており、ヒットでも打とうものなら実況で争奪戦が繰り広げられる。
かわいいオサーンとして、最近は鷹板住人以外にも人気がある。
西武で彼を重用していた解説者の伊原春樹や松沼(兄)、そして何故か川崎憲次郎もお気に入りでよく実況で誉められている。
なにげに結構毒舌である。

06年10月15日、戦力外通告を受ける。
その後、2度トライアウトを受験するがどこからも声がかからず、もう一度プロの舞台に挑戦することと、プロの世界について、野球の楽しさについて
若い人に伝えていくことを目的に、12月7日に北信越BCリーグの富山サンダーバーズの選手兼任コーチとなることが発表された。
08年より、ホークス2軍育成コーチの野手担当に。
09年からは、2軍コーチ補佐として日々若手育成に力を注いでいる。

顔文字は→(´-`)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。