伸びるフォーク


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伸びるフォーク


【意味】
水神こと水田投手の投げる、特殊な変化球。
基本的にはフォークボールの握りだが、
思ったほど落差がなくフォークにしては速度があり、
フォークボールと思って振ったら球の伸びでタイミングを外される、
というのが命名者の開幕様の言い分。

しかし古今あまり例がない変化球であるため、
「ただのフォークの投げそこない」「半速球」「スプリット」
「一種のチェンジアップ」など多くの説が存在する謎の球。
正座隊もその真相を知らない。
2009年の彼の登板時にも数回この球を投げたケースが存在する。

(※)日ハム・建山が同じように「フォークの握りでチェンジアップ系」
という変化球を投げてくるので、チェンジアップ系として
水神本人は意図的に投げている可能性あり。
ただし本人が明かさない限り永遠の謎である。

【関連語】
正座隊」「開幕様
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。