※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「宅建業法:宅建業:4つの用語」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

宅建業法:宅建業:4つの用語」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-宅建業法>宅建業
+宅建業法>[[宅建業>宅建業法:宅建業]]
 ----
 *4つの用語
 ----
 *宅地
 -&color(red){今現在}、建物が建っている土地
 -&color(red){建物を建てる予定で取引される}土地
 -「&color(red){用途地域}」内の土地[ただし、&color(red){現在、道路・公園等の公共施設用地}の場合は除く]
 &br()
 
 *建物
 -&color(red){住居に限らず}、倉庫や工場も建物
 -&color(red){建物の一部}も建物
 &br()
 
 *取引
 ||自ら|代理|媒介|
 |売買|○|○|○|
 |交換|○|○|○|
 |貸借|×|○|○|
 -宅地建物の「&color(red){売買・交換・貸借}」を、「&color(red){自ら}行うか、&color(red){代理}するか、&color(red){媒介}する」ことのうち「自ら貸借を行うこと」を除いた8つを取引という
 -「自ら貸借」は取引に当たらないので免許は不要
 -ビル管理業も「売買・交換・貸借」のどれにも当てはまらないので免許不要
 -代理には契約締結権があり、媒介には契約締結権はない
 &br()
 
 *業
 -&color(red){不特定多数}の人に対して&color(red){反復継続}して取引を行うこと[&color(red){※代理人が行った契約の効力は本人に帰属する}]
 -&color(red){国、地方公共団体(都道府県、市町村)、信託銀行、信託会社}は免許がなくても宅建業ができる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ----