|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

夢遊病

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ハワイでの最後の夜….非情なまでに日焼けした男・いのが,翌日帰るということで荷物の整理などしている.少しずつやればいいものをベッドの上一面に物を広げて仰々しく整理している.たぶん夜12時過ぎだったんではなかろうか.

 隣のベッドで眠気をこらえつつ,「明日の朝やればいいやん」とか文句を言ってると,いつものようにいのが無駄に冗長なセリフで文句を言ってたなぁ.

 どうやらちょいと寝てしまったらしい.ふと気がつくと,1時過ぎてた.最後に時計を見たときは12時30分くらいだったと思うから,ちょっと寝てしまったわけだ.ふと,横を見ると,荷物に紛れて,いのがベッドにうつ伏せに寝ている.

 パット見だけで言うと,強盗に襲われた旅行者 のようだ.寝起きで状況がよく掴めんので,いのを呼んでみる.

「いの」
「…」
「井上君」
「…」
返事が無い.ただのしかばねのようだ.

 なんか異様な雰囲気がおもしろかったんで,隣にいたまこちゃんとそーりと森を呼んでみた.だって,散乱する荷物の中で倒れる男やで.おもろいやん.

 まこちゃんが独自のお笑い精神を発揮して眠れる森のいのを次々にコーディネートしていった.足元になんか置いたり,手になんか持たせたり.アバウトな表現ですまんが,何持たせたか覚えてない.

 いろいろといじくって遊んだ後,最後に隣の部屋から持ってきた聖書を開いて,いのが読んでる風な感じに持たせた.題して眠りながら隣の部屋に行き,聖書を読み耽る途中で力尽きた夢遊病者 という体だ.おもしろい.騒いでるといのが目覚めた.

 寝ぼけていた.早速,まことが「うちの部屋にふらふらしながら入ってきたかと思うと聖書を出して戻っていった」といのの深夜の奇行のご説明.

 それで納得するわけもなく,自分の周りに散乱した荷物を見て,自分の置かれていた状況に気付く.妙な怒りを覚えたらしいが,特に発散する先がなかったらしい.

「いとーが先に寝たから俺も寝てしまったんやで」

 といつものように半笑いで人のせいにし てきた.その後,いのは黙々と片付けていた.勿論,まこちゃんがどこからともなく持ってきた聖書他の物品も.

名前:
コメント: