※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2013/01/25更新


Hearth Stone Arena Guide by AkiraTokina

2015/09/16
またハースストーンやるかも?

2013/01/25
平均7勝超えたので初版を書いて途中で飽きた。
このゲームは平均7勝できれば上級者。著名なプロ達やTierList作成者で7.5勝ぐらい
参考:著者の戦績メモ

アリーナ初心者の人へ

下の方の内容は既にある程度分かってる人向けの内容だったので、初心者向けにまとめてみた

1.まずはチュートリアル・vsAIで遊んでみる



2.基本カードでデッキを組んで、Casualでさらにゲームに慣れつつお金を貯める


http://www.hearthhead.com/decks?filter=cl=11;set-2-min=30#0-13-10-9+1
基本カードによる安価なデッキ(BasicDeck)を探す時はHearthHeadが便利
上のメニューからDecks→Decks→Classを選択→Basic。一覧のPatchの部分をクリックしてパッチ順に並び替えて、最新パッチの中で人気のありそうな物を選ぼう。Dustの項目が0の奴は完全に基本カードのみ。

重要: プレイしながらそのデッキの勝ち筋や、なぜこんな構成なのかが何となく考えてみよう。
基本カードによるミニオンデッキには アリーナの平均勝率を上げる為の最も重要な事柄が詰まってるよ。

ビギナー向け: TGT導入に合わせた 低予算デッキ(9ヒーロー) - デッキ
2015/11月時点ではこれもお薦め。ただ多少のダストが必要な点に注意

3.はじめてのアリーナ

右も左も分からないうちは素直に先人達のデータに頼ろう

HearthStats | Hearthstone Statistics and Tracking
ヒーロー選択に迷ったら単純にいま強いヒーローを選んでみるといい
慣れてくれば自分なりの得意ヒーローができる筈



基本戦略

まずはHearth Stoneのデッキを大きく三種類に分ける。
基準は勝負を決める時間帯。

Aggro (Beatdown)

序盤から相手本体を殴り、そのまま押し切る事を目的とした速攻デッキ。
1-2マナ帯のミニオン、チャージ付きミニオン、武器、ダイレクトダメージ系のSpellが中心になる。

例: LeaperGnomeやAbusive Sergeantで削り、silenceで相手Tauntを無効化してさらにSpellや武器で削り、Leeroyを絡めたコンボでフィニッシュ
弱点:Taunt連発や範囲除去に弱い

Mid-range

AggroとControl、つまり速攻と後半型の中間なのでmid-range。
序盤から積極的にボードアドバンテージを取り、強力な4-6マナ帯のクリーチャーでフィニッシュする。

Control

序盤中盤を凌ぐシステム(=Control)を持ち、終盤決定力のあるカードへつなぐ後半型デッキ
終盤破壊力の高い2-3カードを組み合わせる事、それを目的としたデッキは特に「combo」と呼ぶ

構築で実際に搭載されるコンボやカードは以下のようなものがある

序盤中盤を凌ぐシステム例
 単純な範囲Spell … FlameStrikeやSwipe等
 コストパフォーマンスの高いTaunt … Ancient Watcher+Sunfury Protector/Defender or Argus
 各種回復やIce Block等のShield類、Frost Nova等のFreezeによる時間稼ぎなど色々な手法がある
終盤決定力を持つカード例
 silenceやhex等で除去される可能性を考えて、YseraやRagnaros等を 複数
 giant複数枚
終盤決定力を持つコンボ例
 Leeroy+Unleash+Bazzard+Timber wolf+α(大量ドローと大量ダメージ)
 Force of Nature+Innervate+Savage Roar+Savage Roar(22ダメージ)
 Pyromancer+Equality+α(4マナでボードクリア、残りのマナで確実なアドバンテージ取得)


結論「ArenaはMid-Rangeを組め」

Aggroを組もうとしても重いカードはまず間違いなく混ざってしまう。それは完全に劣化したAggroだ
Controlを組もうとしても、決定力あるカードを必ずとれるわけじゃ無い。コンボパーツが揃う保証もない。

もうお気づいて貰えただろうか。
全てのカードプールからランダムに選ばれるArenaで
AggroやControlを組める事など殆ど無い という事に。

つまり9割方意識せずともMid-rangeデッキを組むことになる。
そして殆どのプレイヤーはMid-Rangeの組み方・戦い方を分かっていない。

Arena向けMid-Rangeの組み方

というわけでようやく本題だ。

ボードコントロールをとれ

ボードアドバンテージを取るには1-3マナ帯の素で出せるミニオンを重視しろ

ボードをクリアしろ逆転を許すな

相手の場は空にしろ
それだけでバフ系カードは使い道がなくなる。バフ機能つきミニオンもだ。

範囲除去の回避の仕方

せっかくボードアドバンテージをとっても、範囲除去(具体的にはFlameStrikeなんかだ)で場を一層された後
大型のミニオンを出されて負けた経験は無いか?
「運悪かったわー」で済ませてないか?
殆どの場合、悪かったのは運じゃなくて君のプレイだ。

カードを持ってて 相手にマナがあるなら 範囲除去を必ず放ってくると考えるんだ
そうすればその前のターンの動きが変わってくるのは当然だよな

何言ってるか分からないか?
「次のターン7マナになるメイジ相手に 考えなしにミニオンを置くな」って言ってるんだ。
置くなら5ライフ以上か、battlecryやchargeで出した瞬間ある程度戦果を見込める奴か、deathrattleで殺されても何か戦果を残せる奴にすればいい。
(執筆中)

相手のカード・範囲除去・単体除去切れを見切れ

上の項目と少しだけ矛盾して聞こえるかもしれないが、こちらに十分なカードがあるならFlamestrikeを打ちたくなるようなギリギリのラインを狙うべきだ。
具体的には
(執筆中)

ボードコントロールを取られたら終わりのデッキは作るな

ボードをクリアしろ逆転を許すなの項目の逆だ。
自分がやる分にはいいが やられたら困ったなーとか言ってないか?

「運よく決まれば勝てるデッキ」より「安定して決まるデッキ」を組もう

Dark Iron Dwarfを素で出した経験は?

1.ボードコントロールは何故美味しいか


Defender of Argus
2/3ミニオン(2マナ) +左右に+1/+1 Taunt (1.5マナ*2ぐらい)

Blessing of Kings



  1. well played

Hero Pick


Card Pick

Arena Tier List




Play



Hearthstone便利ツール

ツール類は慣れてしまうと無いと大幅に不便を感じるようになるため、オフライン大会等に出場を予定している人は気を付けたい。
2013年時点ではツールが乱立していたが、現在は総合ツールのHearthstone Deck Trackerがあれば十分かも。


総合ツール

&bold(){Hearthstone Deck Tracker}
使用カードメモ リプレイ 戦績記録、さらにデッキ保存 自動構築機能まで持つ総合ツール。

アリーナ支援ツール

&bold(){ArenaValue}
言わばTierList自動表示ツール。しかもカード個別の評価やこれまでのピック状況、マナカーブ などを考慮して点数を表示してくれるためさらに強力。

使用カードメモツール

対戦相手が既に使用したカードを表示するツール。覚えるのが苦手な人はオススメ。
&bold(){hsjpcardlist}
「日本語によるカード情報の表示機能」を持つ。どちらかと言えば真価はこちらかもしれない。

リプレイツール

負け試合どこでミスったのか反省する為に、リプレイ機能のあるHearth Logは是非導入したい。
&bold(){Hearth Log}
Hearth Logによるログの例(ch主の戦績)
リプレイツール。戦闘の内容事態が記録されるので、何故負けたか感想戦をするのに最適。
Pros: リプレイ機能がある。 マッチ結果の取得はパケットキャプチャなので完璧。
Cons: 簡単だがWinPcapを導入する必要がある。


戦績記録ツール

リプレイツールのHearth Logはとても便利だが、直近20試合しか記憶しない上にArena/Rankedの区別も無い為、
過去の戦績を保存して傾向と対策を練りたいならHearthstone Statsも入れておこう。

詳しくはログの例を見ると分かりやすい。

[[ HearthstoneTracker >>http://hearthstonetracker.com/]
美しいインターフェイスを備えた2015年登場の戦績記録ツール。
Pros: デッキのスクリーンショット保存や戦績の自動アップロード等機能が充実。
Cons: マッチ結果の取得は画像から行うのでよく失敗する。成功率7割ぐらい?

&bold(){Hearthstone Stats}
Hearthstone Statsによるログの例(ch主の戦績)
2013年登場の戦績記録ツール
Pros: デッキのスクリーンショット保存や戦績の自動アップロード等機能が充実。
Cons: マッチ結果の取得は画像から行うのでよく失敗する。成功率7割ぐらい?

HearthTracker
Hearthstone Statsよりマシな取得成功率。長く更新が無いっぽい?




とあるArenaの一戦

気が向いたら書く。
序盤のターンがどれほど勝利に影響してるか、ボードアドバンテージがどれほど有利かを
クソカードvs超優良カードで紹介する予定だったけど意外とめんどくさくなってきた

範囲除去のかわしかたとかそういうTipsも書きたいよね

両者Mage

先行は Bloodfen Raptor/Razorfen Hunter/Dragonling Mechanic/Abusive Sergeant
後攻は Frost Bolt/SilverHand Knight/SilverHand Knight/

1ターン目先行
1ターン目後攻
2ターン目先行 Bloodfen Raptor 3/2
2ターン目後攻 同Frost Bolt
3ターン目先行 Razorfen Hunter 2/3 1/1
3ターン目後攻 1/1にFire Blast 1マナロス
4ターン目先行 Dragonling Mechanic 2/3 2/4 2/1
4ターン目後攻 CoinからSilverHand Knight 4/4 2/2
5ターン目先行 Abusive Sergeantで2/1を強化して4/4と相討ち 2/4で2/2を除去 2/3 2/1 2/1
5ターン目後攻 28 再びSilverHand Knight 4/4 2/2
6ターン目先行 2/1と2/1で4/4と相討ち 2/3で2/2を除去 Archmage 4/7 2/1
6ターン目後攻 Yeti 4/5
7ターン目先行 4/7とFireBlastで4/5を倒し、Darkscale Healer 4/6 4/5 2/3
7ターン目後攻 FlameStrike
8ターン目先行
8ターン目後攻
9ターン目先行
9ターン目後攻
1ターン目先行
1ターン目後攻
1ターン目先行
1ターン目後攻






コメント

間違いの指摘だとか感想とかなんでもコメントしてね。
Battlenetやゲーム内やIRCとかでもいいよ。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る