※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡単な造形 ・ 元のパーツを活かす


簡単な造形方法とは?


「元のパーツにちょこっと改変を加え、スキンを作る」
という方法は、簡単でありながらバランスを崩しにくく、非常に効果的な造形方法の一つです
ここでは、この造形方法を紹介します
スキン作成初心者の方におすすめです

黄色ボンボンを使ってキャスケットを作る


黄色ボンボンは、スキンに使われるパーツとしてはマイナーですが、
意外と頂点数が多く、そのくせいじりやすく、テクスチャは描きやすい、
と三拍子揃った良パーツです
今回はそれを使って、キャスケットを作ってみようと思います




黄色ボンボンの正面と真横です
3Dモデリングは、真横を主眼に行うとやりやすいです

以降(左・編集or修整前)(右・編集or修整後)


真横から編集していきます
視点を回転させないようにしましょう
  • 前髪を前に出す (ツバにするため)
  • 横髪を伸ばす
  • 後ろ髪を短く
  • 帽子の上部分をふっくらと (キャスケットっぽく)
  • 頭のボンボンを取る (使わないので適当に)


次に正面から編集します
横から見ればそれなりでしたが、正面から見ると手付かずです
  • 帽子の上部分をふっくらと


次は後ろです
ここも帽子の編集です
  • 帽子の上部分をふっくらと


最後に真上からです
キャスケットは綺麗な円形(楕円)か八角形くらいの正多角形が基本です
綺麗に編集しましょう
ツバの部分も忘れずに
  • 帽子の上部分を正八角形に
  • ツバの成形

また横へと戻ります
ここからは、「編集」でなく「修整」と呼びます(2週目ですから)
  • ボンボンを頭に埋める (使わないから)
  • 髪の厚さや長さの修正

こうやって真横→正面→真後ろ→真上と繰り返し修整していきます
すると、こんな感じになりました

これで造形は完成です
次はこのモデルを使ってテクスチャーの塗りを行ってみましょう


要点

  • 各方面、正しい方向から見て編集・修整する(斜めはNG)
  • 地味な修整を重ねる事が重要



© 2006 CyberStep, Inc. All Rights Reserved




















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー