※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スキンのいろは


スキンの作成と上達について


GetAmpedRの魅力の一つ、ウリの一つとして挙げられるスキンシステムですが
実際、定期的にスキンを作っている人は、それほど多くありません
それは何故か?
答えは簡単、「難しいから」です
3Dデータをいじくり回すという事自体、普通の人はやりませんし、
もし、3Dデータをいじくり回す事に長けている人がスキンを作ろうとしても
その制約の多さ(テクスチャの範囲や、3Dモデルに使えるパーツが決められている等)
ゆえ、思い通りのものを作るのは困難でしょう

というワケで、スキンの上達に必要なものは、「慣れ」です

作れば作るだけ、自分の中のテンプレートは増えていきますし、
テクスチャーの塗り方や3Dモデルの造形も、より緻密で正確なものとなっていくはずです

最初から大作を狙う必要はありません
自分が作ることができる範囲のスキンを、コツコツと作っていきましょう

スキンの種類について


スキンの種類は大きく分けて2つあります
それは「オリジナルスキン」と「版権スキン」です
「オリジナルスキン」とは、作成者のオリジナルなイメージを元に作られたスキンです
「版権スキン」とは、アニメや漫画、ゲームなどのキャラクターを元に作られたスキンです
公式サイトにUPする際のスキンは「オリジナルスキン」である必要があります

スキン作成の時間について


ゲーム内のキャラクターのパーツは全て、外部ソフトによって作られたものだそうです
ですから、パーツによっては酷く狭いテクスチャー範囲を持つものも、当然あります
変なところでパーツ同士がくっ付いているなんて事もあります
それらを計算してスキンを作るという事は、ある意味開発よりも骨の折れる作業です
「スキンを1つ作るのに最低でも10時間はかかる」とかそういう話がよくありますが、
それは仕方のない事として覚悟しましょう

スキンにとって重要なもの


スキンの見た目、出来を左右するもので最も比率が大きいのは、テクスチャーです
どんなに造形が素晴らしくても、テクスチャーがダメだと評価が悪いです
逆を返せば、造形はダメでも、テクスチャーが良ければそれなりに見えるのです
テクスチャーの出来がスキンの出来のキャップになる、という感じでしょうか
それほどまでに、テクスチャーは重要です


© 2006 CyberStep, Inc. All Rights Reserved




















| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー