月館の殺人memo 第5話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時間 通過駅
場所
登場人物
状況
04:31
04:34








曲呂







寝台車
乗客
乗員
・悲鳴で目覚めた空海が外に出ると
うっかり眠ってしまった杉津が騒いでいる(悲鳴はこの声)
・その声で日置、竜ヶ森を除く乗客が集まってくる
・寒くて眠れない今福の訴えで車掌が日置の部屋を開ける

**第1の殺人**
日置が血まみれで寝台の上に倒れている
窓が開いており、雪が吹き込んで積もりかけている
凶器は落ちているナイフ?
部屋の鍵が床に落ちている
車掌と今福が死亡を確認
傷が多数あるらしい
(ドアを開ける時点で竜ヶ森の姿はなし
死体を確認した次のシーンで竜ヶ森が確認できる)

・現場保存のため、鍵をかけピアノバー車へ移動
ピアノバー車
・ガイドブック(乗下車の旅 月館本線)が話題に
空海 回想

・稚瀬布までの車の中での日置との会話の回想
(日置の母は去年亡くなっている)
・母が死んだ日の回想
05:06
志振戸井
ピアノバー車
乗客
乗員
・空海、乗客たちを疑いだす
・空海、カップを下げるピアノマンに見覚えがあるような気がする
・杉津、もう一度日置の部屋を開けるように車掌に頼む
・日置がガイドブックを無造作に扱っていたと指摘
日置の部屋
・落ちている日置の上着の下から、
杉津が逆S字の図形が書かれたカードを引っ張り出す