強制退室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

強制退室(きょうせいたいしつ)とは、チャットやお絵かきチャットに備わっている機能のことである。
通称キック(Kick)、蹴り

概要

管理者が参加者に対して強制退室コマンドを入れると、実行された側はそのチャットから瞬時に追放されるという機能である。

しばしば、「強制退室機能を使われてチャットから追い出されること」は蹴られる
「管理者が強制退室機能を使ってメンバーをチャットから追い出すこと」は蹴ると言われる。

CGIBOYの場合

参加者欄から自分の名前が消え、発言時にIP表示部が0になる。ROM中に強制退室コマンドを受けると気づかないことも多い。
通常、強制退室を受けると他メンバーの会話は見ることができない(自分の発言も他メンバーの画面に反映されない)が、
強制退室を受けたメンバーの名前と全く同じ名前で入室すると、何故か強制退室を受けたメンバーも発言が可能となり、
結果的に同じ名前で2人が発言できるようになる(一部では「憑依」と呼ばれているようだ)。

お絵かきチャットの場合

画面が変化するため強制退室を受けたことに一瞬で気がつく。
また、一度蹴られると管理者が手動で規制が解除されるまで入れない。

歴史

一般的には、管理者しか使えないので「荒らし」及び「困ったさん」退治の最終兵器という位置づけである。
TBタウンふぇらいとじしゃくでも、管理者であるTB(爆裂ちくわ)氏が前述のような荒らし退治や、イベント時に参加メンバーを一旦強制的に締め出す際に効果的に用いるなど、長らく管理者だけが使える特権として認知されていたが、2007年に氏が ねこびーむ を開発すると、一般の人々でも強制退室機能を(多少強引なやり方ではあるが)利用できるようになった。
しかし最近は荒らしや困ったさん自体が来ないくらい過疎ってしまったため、今ではあまり強制退室機能は使用されない。