豆乳娘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豆乳娘 (とうにゅうむすめ)とは、ふぇらいとじしゃくの一常連である。 (まめ)もしくは 豆乳 (とうにゅう)と略される。
別名 のんちゃん ほか多数...現在は 鰻屋小豆 (うなぎやあずき?未詳)が多い。
内輪にかぼちゃぷりん氏としゅぱげってぃー氏が居る。千葉県在住。

特徴

  • 自他ともに認める腐女子
  • マゾヒスト
  • 雑食。

彼女の特徴を挙げろと言われれば、大抵の人間がきりがないと答えるだろう。

性格の変化

落ち込んだ時は真っ暗になり。嬉しい時は光り輝く。その上下差が非常に激しい。
特に暗いときはその処置に梃子摺る。

博識

既に気づいてるとは思うが、もちろん 「そっちのほう」 についての博識である。
彼女がその多くを住人達に嫌がるほど 刷り込ませた 結果、住人の多くは「染められた人」となって今に至った。
「ゆきんこ許嫁 聖夜編」においててるてる少佐氏が「痴女」と評すほど。

個性が強烈

その個性でふぇら磁をよく引っ掻き回す。
もしかしたらてるてる中佐より多く引っ掻き回してるかもしれない。

OFF会での特徴

長らく唯一出席率100%を誇っていた。そして、おてんばである。むしろ「すぎて」恐ろしい。
遅刻常習犯 であることで非常に有名。第3回では30分以上の遅れをとって参戦した。
これを考慮して第4回では彼女の集合時間だけ一時間早くする措置を執った。
今では「彼女が何時間遅れてくるか」をゲーム感覚で賭けるなど、オフ会参加者からは優しく迎え入れられている。

暴走

一旦暴走すると手がつけられなくなる。
詳しくは化学反応を参照せよ。

<「歴史」項の「現在」も参照すべし>

今は落ち着きを取り戻したのか大人になったのかで普通の腐女子になった。
もし前のままであったとしても、階差級数的に輝きを増幅したかの変態などの前には霞んで見える。
(もちろんこれは必ずしも悪い事ではないはずなのだが……)

2012年春の花見オフ会時の「お菓子を作ろうと思って早起きしたけど調理に失敗したりして遅刻した」という例を思い返すまでもなく、
そういう星の下に生まれてきたのかと思ってしまうくらいの不憫属性もち。
イイ奴ナンダケドナー(棒読)

歴史

新参時代

TBタウン時代の住人の中では割と新しいほうで、入ってきたのは2005年秋。
当時の住人からしてみればやけに明るい方だったため、「異色」と捉えた住人もいる。
当時はまだ純真無垢だった?

ハルヒ闘争時代

2006年5月頃のふぇらいとじしゃくには、現在では考えられない風紀が存在して居たのである。
彼女は極端に言ってしまうと「ふぇらいとじしゃく」の創造主なのかもしれない。

突然変異

2006年に入ると、彼女のアレな本性が見え隠れするようになる。
これに危機感を覚えた保守的な住民は「古き良きTBタウン文化」を守るため排斥運動を行うことになる。

被・排斥運動

2006年も春頃になると、いよいよ豆乳氏を排斥すべきかという話が議題に上るようになる。
そして2006年5月23日、保守派が彼女に罵倒の集中砲火を食わせ、雑談チャットから追放してしまう。

このあまりの徹底抗戦ぶりに豆乳氏を擁護しようとした住人も居た。
チャット追放後にYahoo!メッセンジャーを使ってライ氏が豆乳娘氏を激励したという話は有名である。

そうして各住人にこの問題に対する賛否が問われる段階になり、本格的な議論(闘争)が始まるのである。

勝利

数多のいざこざの結果、保守派がどうしようもなく折れ、自由な文化の流入が認められた。
TBタウン開設以降2年にわたって「守るのが当たり前」とされてきた仕来りがベルリンの壁のごとく崩壊した瞬間だった。

2006年後半

新たな平穏

それ以降は比較的穏やかになり、時折てるてる中佐氏×ゆきんこ氏を詰ったりしていた。
殆どの住人は「新しい文化」についても理解を示し、一部の人間はそれに染まった。現在のふぇらいとじしゃくの基礎の完成である。

てるてる中佐氏との関係

やたらてるてる中佐氏は豆乳娘氏を庇ったことで知られるが、当人は人情だと語った。

一時期、その人情のよさに豆乳娘氏が惚れ込んで「寝取る!」と選手宣誓をしてのけたことがあったが、
その後ゆきんこ氏と硬く結ばれたり(中佐氏が)ゆきんこ氏にさまざまな手出しを行った経緯もあり、
寧ろゆきんこ氏を奪うとか強引に結びつけるとかそんなことを画策していた。

魚雷

OFF会に参加する男子勢に精神的ダメージを与える 兵器 である。
その正体は豆乳氏が持っている多種多様なかちゅーしゃのこと。詳細は魚雷を参照すべし。

2007年


パソコン破壊

豆乳氏のパソコンが「強制終了のしすぎによる物理的な破損」で壊れ、2ヶ月程の隠居を余儀なくされる。
当時停滞期に入っていたふぇらいとじしゃくの住人達は一刻も早く彼女の復活を願っていた。

実際には復活しても停滞期が治ることは無かったが。

2007年

詳細不明。
なぜか勝手に補助輪氏に愛されていた(過去形)。

現在

本業の音楽分野のほうで活躍している姿がよく見かけられる。
2009年1月には学校対抗の管弦楽で全国一を獲得したとか?

関連項目