まっちー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まっちー とは、Hasamiぎろちん(未)氏が手がけた物語「精神消防 まっちー」の主人公。
性格は「痛い厨房サイトの管理人」の鑑という設定が成されており、それが物語の味を引き立たせている。
  • 誤字脱字変換ミスをわざとというほどする。
  • 著作権の存在を知らない。
  • 人の素材を自分が作ったと主張し、使った物は自分にひれ伏せというトンデモ理論を並べる。
等と、「ヘタレを通り越してもはや生きる公害」と評されるほどの痛烈なキャラクターである。

一昔前は、ひーによってFlash版が製作されたが、
ぬるぽ海軍閉鎖と同時に完全に消滅した。

まっちー病

この作品を真似してわざと変換ミス発言をしていると、偶に まっちー病 と呼ばれる病気に発展する。
原因はもちろん言語ツールの学習機能により、間違い変換候補が正しいと認識されることにあるが、
変換候補の優先順位は戻したいと感じたときに全部すぐに戻せるわけではないため、
普通に喋ろうとしたのにミステイクにより まっちーのような癖 が出てしまうという症状が現われる。
まっちー作品が投下された頃に特によく起こり、まっちー病と名付けられている。

治療法はひたすら語句の変換候補を戻すことのみであり、忍耐が必要とのこと。