※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[← 内装 基本とTIPS へ戻る]

オブジェクトハンドル

(最終更新: 2005年12月10日 )

Ctrl 」キーと「 Shift 」キーを同時に押すと、周囲にあるアイテムを一度に表示してくれる「 オブジェクトハンドル 」というシステムがあります。
これをうまく活用できれば、内装をする際とても便利です。

ここでは、このオブジェクトハンドルの使い方をご紹介します。

使うアイテム

デコツール 


技の使い方

1. ロックダウンしようと思って置いたアイテムが、他のアイテムの陰に隠れて見えなくなってしまいました。



2. そんな時こそオブジェクトハンドルの出番です。
まず、「@ロックダウン」と唱え、選択のカーソルが出た状態で、 CtrlキーShiftキー を同時に押します。

3. そうすると、周辺にあるアイテムがたくさん表示されます。
このままだとどれが目的のアイテムか分かりません。

4. マウスの 右クリック をすると、アイテム表示を1つずつ消すことができますので、右クリックで消しながら、目的のアイテムを見つけます。
見つかったら、そのまま選んでしまいましょう。



5. 左下に「ロックダウン完了!」と出たのを確認します。
これで目的の隠れたアイテムがロックダウンできました。



6. 次に、隠れたままのアイテムをデコレーションツールで持ち上げます。
先ほどと同じように、今度はデコレーションツールの選択カーソルが出た状態で、オブジェクトハンドルを出してアイテムを選びます。若しくは「 LastTarget 」のマクロを使います。



7. あとは、LastTargetマクロを使い、持ち上げればOKです。



うまくランタンが出てきてくれました。


注意点

周囲にアイテムがたくさんありすぎる場合などに、目的のアイテムが表示されないことがあります。最近置いた物から表示されているようなのですが、仕組みはよく分かりません。



[← 内装 基本とTIPS へ戻る]