※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UOHEの使い方:応用編



※項目に[2.06]とあるものは、「2.06」バージョンでしか出来ない設定です。
 同様に、[2.05]とあるものは、「2.05」バージョンのみの設定です。


データの読込・書出し

●UOHEは、UOHEデータとしてファイルを作る他に、テキストデータに変換して読込・書出しが出来ます。

テキストデータの読込
「UOHE File ver 1.00=ファイル名========== ~ (最後の行)==========」まで(UOHEデータ集でいうと、【データ】の下にある横線から横線の間)をコピーし、UOHEの「ファイル」>「クリップボードから開く」を選択。開けない場合はメモ帳などに貼付けして、行の最後に入ってる半角スペースを削除した後、やり直してみて下さい。

テキストデータの書出し
書出したいファイルを開く。「ファイル」から「クリップボードに保存」を選択。メモ帳などに貼付け。


●UOで歩き回っていると、その時見た建物が読み込んだデータとして、UOを閉じた後も残っているのをご存知でしょうか。ブラウザが一度みたページを保管しているのと同様に、それをキャッシュと言います。完全なデータでない事も多いですが、ある程度見る事は出来ます。
※これはバージョン「2.06」以降のみの機能です。

キャッシュからの読込[2.06]
「ファイル」>「キャッシュからのインポート」を選択。シャードやキャラクターを合わせ、目的のデータを探す。

キャッシュするデータの数を変える
UOを立ち上げます。「オプション」の「その他」(UOマークのタブ)を開き、「クライアントにキャッシュする家の数」を調節する。多くし過ぎると重くなったりしますし、探すのも大変になります。

●余り使われないかもしれませんが、クラッシックハウスを読み込む事も出来ます。どんなパーツが使われてるか、見てみるのも面白いかもしれません。

クラッシックハウスの読込
「ファイル」>「建物のインポート」から、見たい物を選択。



キャッシュの更新について(追記 2009.04.30)

2008年12月末頃のパッチ(?)により、UOのキャラ設定ファイルの位置が変更されました。そのデータの中に、「建物のキャッシュ」も含まれます。これにより、UOHEで見るキャッシュのデータが更新されなくなりました。

◎データのある場所
変更前(UOHEがデータを読みにいくところ)
Program Files > EA Games > ウルティマ オンライン 宝珠の守人 > Desktop

変更後(最新のデータがあるところ)
マイドキュメント(My Documents) > EA Games > Ultima Online 2D > User Data

上記のフォルダの中に、
アカウント名 > シャード名 > キャラ名
の順で更にフォルダがあり、キャラごとにデータが入ってます。

キャッシュのファイル名
Multicache.dat

キャッシュを更新するには、お目当ての建物を見てるキャラの「Multicache.dat」を、変更後のところからコピーして、変更前のところへ上書きします。面倒な場合は、アカウント名のフォルダごとコピー&貼り付けで、全てのキャラのデータが更新されます。

変更前の場所に「Desktop」フォルダが無い場合は、変更後の「User Data」をコピーして貼り付け、フォルダの名前を「Desktop」に変更して下さい。

以上の情報は、2chのUOカスタマイズスレから拾ってきました。781さん、ありがとう~。



UOHEデータの画像を保存する

UOHEデータで出来た建物を、画像にして保存する事が出来ます。
  1. 「画像のサイズ=本体ウィンドウのサイズ」なので、撮りたい部分が入る様に、ウィンドウの大きさ・建物の位置・表示倍率を調節して下さい。
  2. 「ファイル」から「画像に名前をつけて保存」を選択します。任意の名前と形式を選んで、保存して下さい。
JPEGの場合、画質の調節は「編集」>「オプション」タブの「JPEG圧縮品質」から選択します。



オブジェクトウィンドウの編集

全てのオブジェクトは、「Main」ページから探す事が出来ます。その量は膨大なので、「検索」を上手く使いましょう。(検索は英語でしか出来ません。)また新しく追加される画像は、大体後ろの方にあります。
(Aosウィンドウは、Aosまでのカスタマイズパーツが収納されてます。編集する事は出来ません。)

「Furnitures」~「Add-ons」までは、Aos前までの基礎的な作成品が収納されてます。自分でよく使う物は、新たにページを作って整理するといいでしょう。
新しくページを作る
「ページ」から「新しいページを追加」
オブジェクトを追加する
「Main」ページから、追加したいオブジェクトを探す。右クリック or 「オブジェクト」から「オブジェクトの追加」、追加したいページを選択する。
オブジェクトを検索する
探したい物の名前を確認。「検索」から「オブジェクトの検索」を選択し、名前を入力する。次を検索する時は「F3」キーを押す。

直接ファイルを編集する事も出来ます。
UOHEを展開したフォルダに、
book_sys.ini
bookmark.ini
という二つのファイルがある筈です。「book_sys.ini」は「Furnitures」~「Add-ons」のページが、「bookmark.ini」には追加した分のページのデータが格納されています。
順番を入替える等は、これをメモ帳などで開き編集すると楽です。記入されているのは画像番号で、「コントロールウィンドウ」のオブジェクト情報にある()内の数字が、それを表しています。(「オブジェクトウィンドウ」の左下にも、同じ情報が出ます。)

バージョンが変わった時は、新しいファイルに元のファイルを上書きすればOKです。

ML~SA対応 (カスタマパーツ・家具・アドオンなど) 2009.10.28追記

ML~SAに対応した「book_sys.ini」が、 MEGASTORE さんで公開されています。

ttp://loc.to/book_sys.ini
※ 頭に「h」を付けて下さい。
リンク先を開いたら、「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択し、ファイル名を「book_sys.ini」で保存します。
そのファイルを、UOHEが入っているフォルダに上書きして下さい。
【注意】ご自分で編集されている場合は、ファイルを開いて編集しましょう。


9周年文化財コレクションデータ

多少不完全です。はしごはよく分かりませんでした…。
ゴメンナサイ *peko*

[Heritage]
$3DAA
$3DA9
$3D87
$3D86
$0FAC
$0974
$0975
$0970
$1245
$125E
$3122
$3124
$3123
$26EE
$0D98
$0D9C
$1568
$1569
$156A
$156B
$1564
$1565
$1566
$1567
$0AC2
$0AC3
$0AC4
$0AC5
$0AF6
$0AF7
$0AF8
$0AF9
$0AFA
$1C41
$1C42
$1C43
$1C52
$1C50
$1C51
$0A3C
$0A3D
$0A44
$0A45
$118B
$118C
$118D
$118E
$0A82
$0A91
$0A8C
$0A8D
$0DB4
$0DB5
$0DB1
$0DB0
$12DC
$12E4
$12E3
$12E0
$12ED
$12EB
$1E34
$3D98
$1731
$1732
$1733
$1735
$1736
$1737
$1738
$1739
$173A
$173B
$173C
$173D
$173E
$173F
$1740
$129F
$12A0
$12A1
$139E
$139F
$13A0
$1EA5
$1EA3
$2FDE
$2FDF
$3DB2
$3DB3
$1249
$0AC2
$0AC3
$0AC4
$0AC5
$0AF6
$0AF7
$0AF8
$0AF9
$0AC0
$0ADB
$0ADC
$0ADD
$0ADE
$0ADF
$0AE0
$0AE1
$0AE2
$0ADA
$0AE3
$0AE4
$0AE5
$0AE6
$0AE7
$0AE8
$0AE9
$0AEA
$0AEB
$0AC9
$0ACA
$0ACB
$0ACC
$0ACD
$0ACE
$0ACF
$0AD0
$0AC6
$0AD2
$0AD3
$0AD4
$0AD5
$0AD6
$0AD7
$0AD8
$0AD9
$0AD1
$0AEE
$0AEF
$0AF0
$0AF1
$0AF2
$0AF3
$0AF4
$0AF5
$0AEC


新植物

[new Plants]
$0D08
$0CC1
$0CBE
$0C8E
$0C84
$0CB7
$0D25
$0CC8
$0CC9
$0C8F
$0DB8
$1A9F
$1AA1
$246C
$0CF8
$0CFE
$0C9E


[← UOHE へ戻る]